皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

前回の続きで

ペルーのプーノから

ボリビアのウユニまで

バス移動した時の様子をお伝えします。

 

 

 

↓↓前回のブログはこちら。

ペルーのプーノからボリビアのラパス経由でウユニへ。24時間バス移動。

 

 

↓↓現在の私の状況はこちら。

”世界一周 動物の写真展”を開催したい!!!!!

 

 

 

        

 

国境越えをして

すぐの街”コパカバーナ”。

 

 

 

ペルーからボリビアへの

国境越えルートは2つあって、

コパカバーナは遠回りのルート

(らしい)。

 

 

 

 

 

あえてこちらの街を選んだのは

ずばり

 

 

”治安がマシだから”

 

 

です!!

 

 

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

 

 

 

 

治安がマシだから!!

 

 

 

です!!!

 

 

 

 

 

 

 

というのも、

もうひとつの国境越えルート

”デサグアデーロ”は

 

 

国境警官だかなんだかによる

盗難があるらしいとの噂。

 

 

 

 

 

イミグレで個室に連れて行かれて

何人もに取り囲まれて、

 

 

いつのまにか

バックの中身が抜かれている

 

 

なんて事態になった

という経験談を数件耳にしました。

 

 

 

 

 

でもって、

実際このルートを通った人に聞いてみたら、

 

 

「いや〜別に何事も起こらなかったけどね。

ただ結局、予定時間より大幅に遅れてたから

コパカバーナ経由と変わらないか

もっと時間かかったよね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、

コパカバーナ経由で行こう。

 

 

 

そういう感じです。(笑)

 

 

コパカバーナは

高地ならではの空の近さと、

その真っ青な空を写した

チチカカ湖をのぞむ、

一見のどかで素敵な街。

 

 

 

水鳥の足跡。

 

 

 

チチカカ湖畔でギターを弾く青年。

 

 

 

 

 

コパカバーナで

バスを乗り換えるのですが、

 

 

時間通りに進めば

ここで2時間ほどの

待ち時間があります。

 

 

 

 

 

着いた時に時計を見たら

1時間しか余裕が無さそうに見えますが

 

 

ペルーとボリビアは

1時間の時差があるので

実際は2時間休憩。

 

 

 

※バス会社によって時間は異なるので、現地に着いたら

”あとどのくらいあるか”をしっかり確認しましょう!!

人数確認したり、遅れている人を待ってくれたりなんかは、基本、してくれません!!

 

 

そんなわけで湖畔でごはん。

 

 

 

驚くほどたくさんのお店が、

驚くほどまっっったく同じメニューで

並んでいます。

 

 

基本はチチカカ湖名物

”トルーチャ(Trucha)”料理。

 

 

 

マスですね。

 

 

 

 

 

プーノでも食べましたが、

とてもおいしかったので

ここでも頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

これが、んもーーーーー!!

おいしくって!!!

 

 

 

 

 

これはこれは、これは。

もう一度食べたいくらい!!

 

 

 

 

 

 

注文前は15ボリと

言っていたのですが、

 

 

「めちゃんこおいしいからチップ渡そう!

20ボリくらい渡しちゃおう!!」

 

 

と思っていました。

 

 

 

 

 

で、会計の時に

25ボリ(約¥390)になっていたのですが

(あるある。笑)、

それでも構わないくらいには

おいしかったです。

 

 

 

(お米は日本人には合わないかもしれないけど・・・)

 

 

 

 

 

嘘はね、

嘘が非常識な国でしか

”嘘”にならないらしーんでね。

 

 

 

(インドで学んだこと←)

 

 

 

 

 

もちろん、

納得いかないときは抗議しますが。

 

 

 

↓↓プーノでの島巡りと祭とマス料理はこちら。

【ペルー・プーノ】安宿情報と島巡りツアー。タキーレ島に行きたかったのに・・・

 

 

 

バス停から湖畔に降りて、

一番遠い端っこのお店で食べました。

 

 

 

 

 

真っ青な湖を見なが

のんびり食べられたので

かなり満足。

 

 

 

(とはいえ、そーいうことのある地域なので気をつけてくださいね。)

 

  

 

一息ついたらバスを乗り換えて

ラパスへ向かいます。

 

 

 

 

 

ここからは足も伸ばせないし、

リクライニングもできない

普通のバスです。

 

 

 

 

 

ボリビアとペルーの

経済力の差でしょうか。

 

 

 

 

 

そんなことはどうでもいいくらい、

左手には何時間でも見ていられそうな

真っ青なチチカカ湖が拡がっています。

 

 

 

 

 

技術がいくら発展しても、

やっぱりこういう

自然と向き合える環境には

敵わないですね。

 

 

湖の手前でバスが停まり、

乗客が降り始めました。

 

 

 

 

 

前を走っていたバスは、

びっくりするほどボロボロの

木製ボートに乗り上げています。

 

 

 

 

 

沈まんのかな。あれ。

 

 

渡し場わんこ。

 

 

人間はちっこいボートで

対岸へ渡ります。

 

 

 

対岸は見えているのですが、

橋は架かっていません。

 

 

 

船頭さんが船を渡してくれる。

 

 

 

これが昔から現在も続く

唯一の方法だそうです。

 

 

ここで、

ボート代2ボリ(約¥30)で

チケットを買って

 

 

フロントガラスが割れまくりの

ボートに乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

ボートで一緒になった

チョリータ姿のおばあちゃんが

 

 

「もうめちゃくちゃウェルカム!!」

 

 

みたいな素敵な笑顔で

話しかけてくれていたのですが、

 

 

 

言葉がワカリマセンでした。

 

 

 

 

 

「どこから来たの?」

 

 

と聞かれた気がしたので

 

 

 

「ハポン(日本)」

 

 

 

と答えたら、

ニッコリしてくれました。

 

 

 

 

 

スペイン語・・・

分かるようになりたい・・・

 

 

 

 

 

別れ際に厚く握手してくれて、

言葉は分からなかったけど、

すごくほっこり(^^)

 

 

 

横を見ると、

私が乗って来たバスも隣を渡っています。

 

 

 

沈まないもんなんですね。

 

 

 

 

 

対岸にはトイレがあります。(有料)

 

 

 

バスガイドさん

(英語カタコトおっちゃん)

によると、

 

 

対岸に渡ってからのトイレの方が

ちゃんとしているそうです。

 

 

 

 

 

確かに、

トイレットペーパーくれたから

ちゃんとしている方なのかもしれません。

 

 

 

 

 

個室のカギは閉まらなかったですが。

 

 

 

 

 

バスで隣だったペルーorボリビア人と

思われるお姉さんが

謙虚でとても優しくて、

なんとなく親近感が湧きました。

 

 

 

 

 

そうこうしていると

いつの間にやら寝落ちてしまい・・・

 

 

目を覚ますと

上空をロープウェーが走っていました。

 

 

人多い。

なんか都会っぽい。

 

 

遠くには雪を被った山が見える。

ここどこ・・・

 

 

 

 

 

と思ったら

第1目的地ラパスでした。

 

 

 

 

 

”事実上の首都”ラパスは

すり鉢状に拡がっているらしく

 

 

高低差があるので

ロープウェーが電車代わりの

交通手段のようです。

 

 

 

 

 

あったまいいなあ!!!

 

 

 

 

 

ちなみに、”憲法上の首都”は

スクレらしいのですが、

そのへんはややこしいので

気になる方はwiki先生に聞いてみてください。

 

 

今までは

カラフルチョリータが多かったですが、

シックな色合いの

チョリータも見かけました。

 

 

 

さすが都会。

左の人の色合いとか私はすごく好きです。

 

 

 

私が着ても似合わないんだろうけど・・・

 

 

 

南米で初めて見た

高速道路のような入口。

さすが首都。

 

 

と思ったら、

路肩が舗装されていなくて

ガタガタでした。

 

 

 

これから、これから。

 

 

治安が悪いと聞く、

街の中でも標高の高い地域。

 

 

 

を通り過ぎて、

ラパスのバスセンターに到着。

 

 

 

ここからは怖いので

カメラは出していません。

 

 

 

 

 

事前に取っていた

バスチケットを交換して

(バスの取り方は前回の記事をご覧ください)

 

 

バスセンターの中の

人の多いベンチでひたすら待ちます。

 

 

 

 

 

バスチケットの窓口は

たくさんあるのですが、

 

 

取っていたOmarは

通路を通っているだけでは

見つけ辛い小さい窓口でした。

 

 

 

 

 

自力で見つけられなかったので、

インフォーメーションで聞いて

教えてもらいました。

 

 

 

 

 

夜発で翌早朝に着くので、

ごはんを食べておこうと

バスセンター内のサンドイッチ屋さんへ。

 

 

 

 

 

どこも同じような

メニューを出しているのですが、

人通りの多い所でごはんにしました。

 

 

 

人通りなんて関係なく

強盗される時は

されるんでしょうけども・・・

 

 

そこで仲良くなった

ボリビア人のにーちゃん2人。

 

 

 

 

 

親戚が日本に住んでいるらしく、

スマホの翻訳機能を使って

一所懸命話そうとしてくれていました。

 

 

 

 

 

2人と話していたら、

いつの間にやらバスの時間に。

 

 

 

 

 

早めに行っておかないと、

ダブルブッキングとか、

言われた時間と違うとか

何とかでワタワタします。(体験談)

 

 

セミカマの席は広々リクライニング。

 

 

日本人も多いバスでしたが、

ここでも、

しっかりカバンはカギをかけておきます。

 

 

 

 

 

ラパス〜ウユニルートの夜行バスは

寝ている間や、目を離したスキに

置き引きされた

という話を良く聞くので

油断禁物!!

 

 

 

↓↓私の防犯グッズはこちら。徹底していたおかげで、旅中、貴重品は何も盗られませんでした!

 

【世界一周の持ち物】全て公開!これさえ見てれば全てそろう!!

バックパッカーにキャビンゼロ(Cabin Zero)がおすすめな理由。

 

 

 

ラパスの夜景は

キレイなことで有名だそうですが、

 

 

コレを見るために

夜に治安の悪い高台地域に行くのは

オススメできません。

 

 

 

 

 

ウユニ行きの

夜行バスの窓から見ましょう。

 

 

 

 

 

すり鉢状の都市に拡がる

夜景は本当に綺麗でしたよ〜!

 

 

 

ラパスの高い所は

標高4000mをゆうに越えます。

 

 

 

さすがにペルーからずっと

高地生活で慣れてきていましたが

 

 

突然飛行機で

この地にやってくるのは

危険でしょうね・・・

 

 

 

 

 

そんなこんなで

早朝にウユニの街に到着。

 

 

 

ウユニの安宿は

ネットで予約とれないところが多く、

早朝は開いていないことも多いので、

 

 

ひとまずどこかでお茶をして

宿が開くのを待たないといけません。

 

 

街の中心地近くにあったカフェで

ひとまず朝ご飯を食べて、

しばらく待ちます。

 

 

 

(この早朝に着くバスを狙って営業しているのか、ボリビアにしてはお値段お高めでした・・・)

 

 

 

特に日本人に話題の宿は

雨季はいっぱいいっぱい。

 

 

 

 

 

ホテルが開く時間になって

何件かまわったのですが、

 

 

早朝はチェックアウトしている客が

あまりおらず、

 

 

つ何部屋空くかも分からない

営業スタイルなので、

結局空き部屋はほとんど無し・・・

 

 

しかたなく予算オーバーの

75ボリ(約¥1100)の個室の宿

“Cory Wasy”に泊まりました。

 

 

久しぶりの個室は

のんびりできて良かったのですが、

高地で寒いウユニで

シャワーのお湯が

一瞬しかでないのは辛かった・・・

 

 

 

 

 

そして

自炊できるところがないので、

自炊で節約派には不向きです。

 

 

 

 

 

ウユニは観光地なので

基本、外食が高いです。

 

 

 

 

 

地元民のマーケットで食べたら

安いのですが、

私は連日そこで食べて下しました。笑

 

 

 

 

 

とりあえず、お腹よわい方は

トラベルクッカー持っていきましょう。

超便利。

 

 

 

(上の私の持ち物ページで紹介しています。)

 

 

 

 

 

次回はいよいよ

”鏡張り”で有名なウユニ塩湖!!

 

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。