皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

イギリス、ヨークシャー地方の

目玉観光地(らしい)

York(ヨーク)

 

 

 

 

 

ニューヨークの語源にもなった

爵位名”ヨーク公”が治めていた

中心地だそうな。

 

 

 

※アメリカはイギリスからの移住者が開拓した歴史があるので、同じ名前の街が多い。

 

 

 

 

 

15年前に初めて来てから

何度来たか

覚えてないくらいなのですが・・・

 

 

 

(そもそもの記憶力の問題。)

 

 

 

 

 

それでも、まだっていない

見どころがあったので

ご紹介します!!

 

 

 

 

 

日本ともゆかりのある

鉄道博物館や、

 

 

ハリーポッター専門店、

 

 

シャンブルズにジン専門店まで。

 

 

 

 

 

イギリス在住の姉が

新しくできたコアなお店も

教えてくれました(^^)

 

 

 

↓↓ロンドン・リーズ観光の様子はこちら!!

ロンドンのヒースロー空港から市街地へ。ビックベンのお膝元にたどり着く方法。

 

サンタさんからカードが届く!?クリスマス前のイギリスはこんな感じ。

 

目次

1.鉄道博物館(前編)

2.ヨークミンスター

3.シャンブルズ

4.ハリーポッター専門店

5.ジン専門店

6.城壁散歩

 

 

 

↓↓今回まわる場所の地図はこちら。

 

 

【今日のごはん】

 

ワッフル!!

 

料理に関するものなら

ドラえもんのポケット状態。

 

キッチンのどこかから

何かしら出てくる姉の家。

 

ワッフルメーカーまで

ありました・・・(笑)

 

この日は夕方から

姉夫婦はデートに出かけます。

 

祖父母が近くに住んでいないので

子供がいる間は

夫婦水入らずのデートは難しい・・・

 

ということで、

姉夫婦が日本にいるときや

私がイギリスに行った時くらいは

子守りを代行して

デートを楽しんでもらうことに。

 

下の甥っ子は

昔は2人が出かける時に

号泣していたのですが、

 

今回は

「バイバ~~イ!楽しんでね~!」

と軽く挨拶して

ワッフルを夢中になっていました。(笑)

 

成長なのか

ワッフルのおかげなのか・・・??

 

 

さて、今回も

車に揺られながら1時間弱。

 

 

 

 

 

イギリスは

中心都市と住居地区、

その周りに

新しい建物を建ててはならない

グリーンベルトとよばれる

区域があります。

 

 

 

 

 

なので、しばらく走ると

すぐ草原。

 

 

そして、すぐに霧。

 

 

 

 

 

とにかく、

イギリスの冬は天気悪い!!

 

 

 

暗い!!

 

 

 

雰囲気まで暗い!!(笑)

 

 

 

 

 

でも、ここまで霧がかると

幻想的と言えば

そうかもしれないですよね。

 

 

 

そう思おう・・・

 

 

ヨークに到着したら、

まずヨークの中央駅へ。

 

 

 

 

駅を越えたところに

鉄道博物館があります。

 

 

入場は”任意の寄付”

ということになっているので、

 

 

お店ではもう使えない

旧1ポンドコインを寄付。

 

 

 

(銀行に行けばお金として引き取ってもらえるらしい。)

 

 

 

 

 

この1ポンドコイン、

裏側に各都市の紋章があったりして、

昔ちょっと集めていたのですが、

 

 

持ってても仕方ないので

寄付しちゃいました。

 

 

ちなみに、イギリスは

最近お札も変えたようです。

 

 

 

 

 

昔は普通の紙だったのですが、

今はプラスチックみたいなやつ。

 

 

 

ベトナムのお札と同じタイプです。

 

 

 

 

 

最初、バスでおつりにもらって、

???

となってしまいましたが、

 

 

そういえば

5ポンド札が使えなくなるということで、

 

 

持っていたのを

東南アジアで換金したんでした。

 

 

 

こういうことか~~。

 

 

鉄道大好きな甥っ子。

 

 

 

早く行きたくて

一所懸命、

私の手を引っ張っています。

 

 

そして、むやみに走って

怒られる・・・(笑)

 

 

 

1.鉄道博物館(前編)

 

到着です。

 

 

 

着いたら早速

列車を眺めながらお弁当。

 

 

 

 

 

前回紹介した水族館と同じく、

この鉄道博物館にも

持ち込みOKな

ランチスペースがあります。

 

 

ゆかりごはんのおにぎりに

高野豆腐とだし巻き卵を

お重に入れて。

 

 

 

 

 

どれも子供たちの大好物。

 

 

 

やっぱり舌が古風。

 

 

結構な広さの鉄道博物館に

甥っ子たちと義兄をおいて

私と姉は

ヨークの街へ繰り出します。

 

 

 

(彼らはしょっちゅう来ているので、別にいいらしい。)

 

 

 

 

 

 

城壁をくぐり、

川を渡って街の中へ。

 

 

 

2.ヨークミンスター

 

まずは大聖堂!!

圧巻です。

 

 

この大聖堂、

今まではしょっちゅう入っていたのですが

今回は節約のためパス。

 

 

 

 

 

重厚なゴシック様式の内装に

美しいステンドグラス、

 

 

たくさんの像が並んでいて

とても魅了される聖堂です。

 

 

 

(北部イギリス最大のゴシック様式の建物らしい。)

 

 

入場料がかかりますが、

是非とも入ってみてほしい場所です。

 

 

ちなみに、前来た時から

ずーーーっと改装中。

 

 

この時はクリスマス前で

誰も働いていなかったですが、

 

 

タイミングが良ければ

職人さんたちが

石を削る様子が見れます。

 

 

 

 

 

テクテク。

 

 

 

聖堂の裏に回っていくと、

小さなインド用品屋さんがあります。

 

 

小さいんですが、

スパイスの品揃えはバッチリ。

 

 

 

 

 

どれもインドで買うのの

10倍くらいしますが、

 

 

インドに行かない方は

ここで揃えてみてもいいかも。

 

 

 

(私のオススメ、スパイスボックスも売ってます。)

 

 

次は住宅地を抜けて

シャンブルズへ向かいます。

 

 

 

3.シャンブルズ

 

シャンブルズとは、

2階がせり出したような形で建てられた

独特な建物の並ぶ狭い通り。

 

 

 

 

かわいらしいお店が並んでいます。

 

 

ここの銀製品専門店が

安いし、かわいいし、

アレルギーでないしで大好きで、

 

 

来るたびアクセサリーを

買っていたのですが、

 

 

ここ数年で

随分と値上がりしたようで

何も買えず・・・(泣)

 

 

 

 

4.ハリーポッター専門店

 

シャンブルズを抜けるあたりに

ハリーポッター専門店!!

 

 

 

“The Shop That Must Not Be Named”

 

 

 

 

 

 

 

覚えづらいですね!!

 

 

 

 

 

観光客多いんだから、

 

”ザ・ハリポタの店”とか

 

分かりやすいやつにしてほしい・・・

 

 

店内は全て

ハリポタのグッズ!!!

 

 

 

 

 

 

 

杖まであります!!

 

 

テンション上がる~!!!

 

 

最初は通りに

1店舗だけだったらしいのですが、

 

 

儲かりすぎたからか

他のお店も出ていて

 

 

”ハリポタの街”みたいに

なってしまっていました。(笑)

 

 

 

テクテク。

 

 

歴史的に重要らしい

何かの建物。(雑。)

 

 

メイン通りにやってきました。

 

 

いつも何かしら

やってる気がするんですが、

 

 

とりあえず今は

クリスマスマーケットなのでしょう。

 

 

イギリスって、

建物も小物もかわいいのに、

 

 

なぜか

人の服はダサいんですよね・・・

 

 

 

 

 

旅中、機能性だけの

ダサい服ばかり着ている

私が言うのもなんですが、

 

 

 

本当にダサいんですよ。

 

 

 

 

 

ジャンパーみたいなのとか、

トレッキングの格好みたいなのとか・・・

 

 

 

(たまたま写真に写ってしまった人、ごめんなさい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでクリスマスリースを買って、

次のお店へ。

 

 

テクテク。

 

 

 

5.ジン専門店

 

ココ!!

“Evil Eye”!!!

 

 

 

姉がどうしても

私を連れてきたかったらしい、

このお店!!

 

 

 

何か分かりますか・・・!?

 

 

 

 

 

 

 

そう、ジン専門店です!!!

 

 

 

(答え何度も出ちゃってるんですけど。笑)

 

 

先日のブログでも言ったように、

私は大の酒好きです。

 

 

 

 

 

そして、

ジンが特に大好きです。

 

 

 

 

 

学生時代に働いていた

バーの店長と

 

 

”出張”と称して、

 

 

大阪のジン専門バーに行ってしまう

くらいには大好きなんです。

 

 

 

 

 

そんな私に、

ジンの本場のジン専門店。

 

 

 

最高ですね。

 

 

 

 

日本のジンも置いてあります。

 

 

 

日本にインスピレーションを受けて作られた

海外のジンも置いてあります。

 

 

この真ん中の

“MONKEY47″が大好きなんです。

 

 

 

薬瓶みたいでかわいいですよね。

 

 

 

味もちょっと薬っぽいんですが、

おいしくて健康的なお酒!

という感じです。

 

 

 

 

 

いくら飲んでもいいんじゃないか

と思える味。

 

 

 

(たぶん間違った見解。)

 

 

先日お話したオランダジン。

(上段の茶色いの。)

 

 

 

 

 

このタイプの瓶に入っていると、

すこしずつ熟成されて

風味が変わると言われています。

 

 

 

 

 

あああぁあ!!

 

 

 

おいしいお酒が飲みたくなってきたあぁああ!!!

 

 

 

 

 

気を取り直して・・・

 

 

その昔、

 

「日本でジンの蒸留所を作れば良いじゃないか。投資するよ。」

 

 

とまで

お客さんに言ってもらった私ですが、

 

 

 

テンションダダ上がりなのに、

今回は全てガマンするという

メンタルの強さを見せました・・・

 

 

 

(数日で飲み干すにはもったいないし、姉に預けていたらいつの間にか無くなりそうだし。笑)

 

 

ジンはここ数年、

イギリス国内でも

需要が伸びているようなので、

 

 

次来る時まで

このお店はあるだろう、

と踏んでひとまずお店を後にします。

 

 

 

6.城壁散歩

 

お次は城壁に登って

周りをぐるっと歩きます。

 

 

 

 

 

街を囲んでいる城壁は

何カ所か登れる場所があるので、

そこから登っていきます。

 

 

 

 

 

 

テクテク。

 

 

 

お屋敷ぽい建物があったり、

大聖堂が見えたり。

 

 

煙突の不揃い感よ。

 

 

 

長年、思い思いに

DIYした結果かしら・・・?(笑)

 

 

 

次回、

ヨークの鉄道博物館のお話。

 

 

 

なんでも、

名古屋のJR博物館と

ゆかりがあるんだそうな・・・

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。