ラオスつながり旅で

出逢ったあの人と

 

 

 

まさかの、トルコで再会。

 

 

 

 

 

お互い

旅の資金に

余裕がなさ過ぎるので、

 

 

毎日、自炊パーティー(笑)

をしていました。

 

 

 

今日はそのときの話。

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

先日、

前の職場の患者さんから

 

 

かわいいわんにゃんの写真を

送って頂きました。

 

 

 

 

 

今までも

マメに連絡をくださっていて、

 

 

応援の言葉とともに添付の写真に

癒されていました。

 

 

 

 

 

”世界一周”という

 

 

完全なる自己都合で

前の会社を辞めた身なのに・・・

 

 

 

ありがたい・・・

 

 

 

 

 

懐かしの顔を

見る事ができるのは

 

 

初心に立ち返ることもできるし、

 

 

もっとがんばろうと思えるし、

 

 

なにより、

安心できます。

 

 

 

 

 

今日も1日がんばろう。

 

 

さて、

ラオスつながり旅で

出逢ったあの人とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

この人!!

 

 

 

っていう写真が

ないんですが・・・(笑)

 

 

 

 

 

ベトナムからラオスへの

国境越えバスで出逢って、

 

 

ラオス最北端の

ポンサリーを目指していたときに

 

 

行動を共にしていた

ダイトウくんです。

 

 

ルアンパバーンまでも

同じルートで

 

 

大体同じ日付で

動いていたのに

 

 

わりと別行動だったりと、

 

 

お互いマイペースだったので

楽チンでした。

 

 

 

↓↓その頃のブログはこちらをご覧ください。

http://animaltraveler.com/category/laos/

 

 

ラオスの後、

ダイトウ君は中国へ。

 

 

 

私はタイ・ミャンマーへと

 

 

 

別々のルートで

世界一周を

目指していたのですが、

 

 

 

なんと!

 

 

 

ここトルコのカッパドキアで

旅程が被ることに!!

 

 

 

 

 

ついでに同じ宿!!

 

 

 

 

 

(日本人は地域最安値の宿に偏りがち。笑)

 

 

カッパドキアでは

外食を避け、

 

 

地元民に食べさせてもらって

ばかりいました。

 

 

 

(別に物乞いしていたわけでわないですよ・・・)

 

 

 

 

 

というのも、

さすが観光地。

 

 

 

 

 

外食すると

1食¥250〜くらい

かかっちゃう・・・

 

 

 

 

 

これだけ聞くと

そんなに

高くはなさそうなのですが、

 

 

毎食このお値段は

なかなか厳しい・・・

 

 

 

 

 

そして

ピザとかケバブとか、

 

 

炭水化物に偏りがちに

なってしまうのが難点。

 

 

 

 

 

しかも、

なんとアホなダイトウ君は、

 

 

 

諸事情でカードが止まってしまい

 

 

 

手持ちの¥13000ちょっとで

約2週間を

過ごさないといけないとのこと。

 

 

 

 

 

ホテル代だけでも

¥700くらいするのに・・・

 

 

 

 

 

※このあと、ダイトウ君が持っていた

20ユーロ(約¥2600)分のコインを

トルコリラに交換して、

ちょっと余裕ができたけど。

 

 

ユーロ圏を出たのに、

20枚も1ユーロコインを持っていた時点で、

ダイトウ君のアホさお茶目さが

伝わると思います。(笑)

 

 

 

 

 

こういう時はもう、

 

 

 

自炊に限る!!

 

 

 

 

 

泊まっていた宿は

まな板とか包丁とか

 

 

にんじんを

丸かじりしようとしていた時に

貸してくれたし、

 

 

頼めばキッチンも

使わせてくれそうだけど・・・

 

 

 

 

 

一応、

共有キッチンではないので、

さすがになあ・・・

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

お決まりのこやつに

活躍して頂きましょう!!!

 

 

ヤザワの

トラベルマルチクッカー!!!

 

 

(写真はギリシャのキオス島にいたときの自炊の様子。)

 

 

 

ヤザワ トラベルマルチクッカー 全世界対応 変圧器不要 (どんぶり・ふた・スプーン付き)

 

 

電気につなぐだけで

料理ができちゃう♪

 

 

 

しかも、全世界対応♪

 

 

 

インスタントラーメンが

すっぽり入るサイズで、

 

 

お米も炊けるし、

 

 

お湯も沸かせるし、

 

 

 

電気ケトルを買わなくても、

 

 

一人暮らしは

これ1台でいいんじゃないか

 

 

と思っちゃうくらい、

 

 

この

ヤザワのトラベルマルチクッカーを

信奉しちゃっています。(笑)

 

 

 

※既に何度も見たよ!という人もいると思いますが。そのくらい登場頻度高め。(笑)

 

 

 

 

 

もう、本当に

持ってきて良かった。

 

 

 

 

 

これで毎日コーヒー飲んでるし、

ラーメンが作れるっていうのは

 

 

 

もう、神。(笑)

 

 

(ただ、トルコのインスタント麺は、基本おいしくない・・・ラーメン文化がなさすぎる・・・)

 

 

トルコでは

パンとパスタがとても安くて、

 

 

パン屋さんで

プレーンの大きいパンが

¥30くらい。

 

 

 

 

パスタも500gで

1袋¥30くらい。

 

 

 

 

 

カタールで買った

レンチル豆も持っていました。

 

 

これらに、

先日ウルギュップのローカル市場で買った

野菜をたっぷり使って。

 

 

 

↓↓前回のブログ参照。

ウルギュップの土曜市場に行ってきた。トルコ人はあったかい。(バス時刻表あり)

 

 

 

スーパーで

鶏ハムを買ったり。

 

これも小さいパックが

¥30くらい。

 

 

 

 

 

インドのスパイスで

トマト煮込みや

 

 

持ってきてた

ヒガシマルのうどんスープ

(西日本の人なら知ってるはず!!)

で、和風にも。

 

 

 

 

 

オリーブたっぷりの

レモンパスタとか。

 

 

いつものテラスで。

 

 

朝は気球が見れる。

 

 

市場の野菜は

ひとつひとつが大きいので

 

 

煮込みの中身が

ほとんど野菜になります。

 

 

い〜ね〜!

い〜ね〜!

 

 

 

(見た目は微妙だけど、いっぱい食べれるのがなによりありがたい・・・)

 

 

 

 

 

これなら1日の食費は

1人あたり¥100ほど。

 

 

 

 

 

これに1本¥400ちょいの

カッパドキアワインを

 

 

2日に分けて

飲んだりなんかして。

 

 

 

(カッパドキアはワインも有名らしい。)

 

 

 

 

 

ワインの方が

高いっていう・・・(笑)

 

 

 

 

 

初日の野菜は

人参とトマト。

 

 

 

赤いのしかない・・・(笑)

 

 

 

 

 

しかもダイトウ君、

そのどちらも嫌い

とか言いおるし。

 

 

 

 

 

「ワインおごるかわりに、野菜買って来て。」

 

 

 

と言って、

買ってきてくれたのが

 

ホウレンソウと

タマネギと

ナス。

 

 

 

 

 

なんだ!!

この完璧な布陣は!!!

 

 

 

ここだけ

好み合うんやな!!!

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

どれも日本のより

甘みはそんなに無かったです。

 

 

 

 

 

水かな・・・

 

 

 

日本で売られている野菜が

日本人向けに

改良されてるだけなのかな・・・

 

 

 

 

 

↓↓ダイトウ君もブログやってるらしいので、こちらもよろしくお願いします!!

http://shoutabi.hatenadiary.jp/

 

 

 

ある日のブランチ。

 

 

 

おもっきし目の前で

麺をゆでていた時に、

 

 

宿のおばちゃんが

パンをたくさんくれました。

 

 

 

炭水化物+炭水化物だけど、

お腹いっぱいになれました。

 

 

 

ほんとに優しい・・・

 

 

 

ちなみに、

節約が基本ですが、

 

 

移動日や遠出したときなどは

トルコっぽいものを

 

 

屋台やレストランで

食べたりもします。

 

 

 

 

カッパドキアに着いて

すぐに出逢った

さなえさんとたかこさん。

 

 

 

 

 

酒豪のたかこさんが

突然、行方不明になって

 

 

夜のギョレメを

地元の人らと探しまわったり、

 

 

猫好きなさなえさんには

シンパシーを感じたり。

 

 

 

さすが(?)旅人。

おもしろいお二人でした。(笑)

 

 

 

 

そのお二人が誘ってくれて

ひとりじゃ入れないような

レストランでごはん。

 

 

 

 

 

3人でシェアすれば

3種類も食べれる!!

 

 

(しかもいっぱい食べても

¥700くらい!!)

 

 

このキノコみたいなのが

カッパドキア周辺で

有名な”ケバブ”らしいです。

 

 

 

 

 

”ケバブ”って

パンに鶏肉挟んだやつじゃないの??

 

 

 

と思っていたんですが、

 

 

 

結構、幅広いみたいですね。

 

 

 

 

 

そういえば、

”シシケバブ”は串焼きですしね。

 

 

 

中は牛肉と野菜がたっぷり。

 

 

 

ナンのようなパンで

蓋をしてあって、

 

 

お店の外で

壷ごと火にかけています。

 

 

これが

めちゃくちゃおいしい!!!

 

 

サラダも。

何もかも。

 

 

 

すんごいおいしい!!

 

 

 

 

 

見た目のわりに

味付けは濃くなくて、

 

 

油っこそうなのに

以外としつこくない感じ!!

 

 

 

 

 

このときまで知らなかったんですが、

 

 

 

トルコ料理って

世界3大料理の

ひとつなんですね!!!

 

 

 

 

 

そりゃおいしいわけだわ!!!

 

 

レストランの後は宿に戻り、

ワインも分けてくれました(^^)

 

 

 

 

 

お二人とも

ヨーロッパを廻るらしいので

どこかでまた逢えたらな〜・・・

 

 

2人とも

お酒持ったまま写ってる・・・(笑)

 

 

↓↓こちらのカバンも旅好きさん必見!!私の一押し!!

バックパッカーにキャビンゼロ(Cabin Zero)がおすすめな理由。

 

 

↓↓その他の世界一周グッズはこちらから。

【世界一周の持ち物】全て公開!これさえ見てれば全てそろう!!

 

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


“貧乏バックパッカー2人で自炊生活。1日食費¥100で栄養たっぷり!!” への2件のコメント

  1. >jiji-shiさん。

    カッパドキアは山山間だからか寒かったんですが、
    イスタンブールはそんなでもなかったです。

    そうですね〜。
    トルコも独特でした。

    人々の顔もヨーロッパというわけでもなければ、
    アジアや中東!!という感じでもなく・・・

    このあとイスタンブールのことも書く予定ですが、
    こちらも本当に独特でした。

    ブログ掲載、ありがとうございます!
    いつでも自由に使ってください。

    できれば良い風に紹介してくださいね。(笑)

  2. まずは、元気そうで一安心です。そちらは寒そうですね。トルコは日本より寒いのかな?

    写真では久々に美味そうな料理ですが、お金がないとは残念ですね。
    三大料理にフランスとイタリアがあるのは気にくわない。
    確かにトルコ料理かも。
    トルコはヨーロッパじゃないんだろうなあ。だからECに入れないんだよね、きっと。

    最近ネタ切れで、貴方の写真をブログで使ってしまいました。
    すいません。これからもやるかもしれません。
    必ず掲載元は載せておりますので、若干の宣伝にはなるかと?(笑い)かってながら・・・では元気で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。