皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

クリスマスも終わり、

大掃除も済ませ、

 

 

お正月に向けて

着々とおせちを準備し・・・

 

 

 

 

 

やってきました大晦日。

 

 

 

 

 

日本では”行く年来る年”を観て

年越しそばを食べて・・・

 

 

 

という感じの年越しですが、

 

 

イギリスでは

どんな雰囲気なのでしょうか。

 

 

 

 

 

ついでにリーズの街中の様子と

ちょっとした観光地(?)も

ご紹介します。

 

 

 

↓↓クリスマスとおせち準備はの様子はこちら。

 

イギリスでおせち準備!!いったいどんなおせちができるやら・・・??

イギリスのクリスマスはこんな感じ。私にもサンタさんがやってきた!!

 

 

 

【今日のご飯】

 

スペイン風タパス!!

 

週に1回のタパスの日。

 

えび

ムール貝のクリーム煮

ししとう(みたいなやつ)の炒め物

サラダ3種

サモサ(スペインじゃない。笑)

パプリカたっぷりのパエリア

 

 

このパエリアパン、

スペインのキッチン用品店で

お遣いして来たんですが、

 

18cmと小ぶりで

タパスメニューを作るのに

使い勝手がいいんですね~!

 

毎週活躍してくれています。

 

ちなみに15cmのパエリアパンを

自分用に買ってみました。

 

軽くてうすぺらくて持ち運びに便利。

 

ヤザワ トラベルマルチクッカー 全世界対応 変圧器不要 本体プラグA ヒーター・なべ(どんぶり・ふた・スプーンフォーク・専用ポーチ付属) 容量1.3L TVR21BK

 

愛用のトラベルクッカーで

使えるかどうか実験して、

うまいこと炒め料理ができたので

持ち歩くことに。

 

※もちろんトラベルクッカーの適用外なので

自己責任です!!

 

 

さて。

大晦日とは言っても、

おせちを作る以外に

何もすることはないし、

 

 

雪も溶けてしまって

子供たちがヒマを

もてあそんでしまうので

 

 

リーズの街におでかけすることに。

 

 

 

 

 

リーズを流れるこの運河は

リバプールまで続いているのだそうな。

 

 

 

 

 

ビートルズで有名なリバプール。

 

 

 

それ以外は知らないリバプール。

 

 

 

行ったことあるけど、

ビートルズがいたよっていう

パブ?ライブハウス?以外は

覚えていないリバプール。

 

 

 

 

 

下の甥っ子はしょっちゅう

リバプール好きと言っていたので、

子供にとって何か

おもしろいものがあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにリバプールまでは

船で2~3日で着く(という噂)ですが、

 

 

 

その話をしている時に

インドのバラナシで出逢った

船のおにーさんの話を思い出しました。

 

 

 

 

 

そのおにーさんとおやじさんは

ガンジス川を下って

コルカタに行っていたんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

30日かけて。

 

 

 

 

 

陸路も空路も発達した

このご時世に。

 

 

 

 

 

意味不明。

 

 

 

 

 

とか言っちゃダメなんですよ!!←

 

 

 

 

 

ガンガー(ガンジス川)は

神聖で特別だから。

 

 

 

 

 

マラリアにかかったって、

ガンガーに入れば治るらしいですしね。

 

 

 

(信仰心の薄っぺらい日本人は、病院に行って薬をもらいましょう。)

 

 

 

 

 

そう思うと、

リバプールまで3日間。

 

 

 

行ける気がしてきた・・・

 

 

 

 

 

行かないですけど。

 

 

でもって、

前もちょろっとお話しましたが、

 

 

リーズのこの運河には

ボートを家として

水上生活をする人がいるんです。

 

 

 

 

 

停泊している船の煙突から

煙があがっていたり、

生活感はあるんですが・・・

 

 

 

 

 

固定資産税とか

どうなるんだろう・・・

 

 

 

 

 

常に揺れてますしね、

固定されてないですしね。

 

 

 

 

 

謎です。

 

 

さてさて。

今日やってきたのは

 

 

“Corn Exchange(コーンエクスチェンジ)”

 

 

という場所。

 

 

 

 

 

その名の通り、昔は

トウモロコシなどのトレードセンターとして

栄えた場所なんだそうな。

 

 

 

 

 

1860年代に建てられたということなので

建物自体は150年!!

 

 

 

 

 

でもって、

1990年にショッピングセンターとして

リニューアルオープンしたんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

中には、カフェを始め、

かわいらしいお店がたくさん。

 

 

天井に大きな窓があって、

自然光が入ります。

 

 

 

 

 

そんなににぎわってる感じはなくて

ちょっと寂しい気もするけど・・・

 

 

 

 

 

建物自体の歴史を考えると

一見の価値ありです。

 

 

次はリーズでも特に新しい

ショッピングモールへ。

 

 

 

こちらも自然光が入ってきます。

 

 

光と風は入ってきますが、

雨が吹き込まないよう互い違いに組んで

工夫を凝らした天井。

 

 

お隣の立派な教会と

共存できるように建てられています。

 

 

 

さすがイギリス。

 

 

甥っ子たちが同級生の誕生日会に

お呼ばれしているそうなので

プレゼントを物色。

 

 

 

 

 

イギリスのお誕生日会は、

プレイジムや

子供向けのゲームセンターみたいなところを

貸し切ったりと

豪勢にしたがるんだそうで、

 

 

それに見合ったプレゼントを

用意しないといけないなどなど・・・

 

 

 

 

 

なんだか大変そうです。

 

 

 

 

 

ちなみに甥っ子たちの誕生日は

長期休みで日本など海外にいたり、

 

 

クリスマスあけで

皆がうんざりしている頃だったりで、

 

 

そこまで豪華にしなくて済むから

助かる、と言っていました。(笑)

 

 

 

 

リーズの街中は各所に

歴史あるアーケードがあって、

こちらにもかわいいお店が並んでいます。

 

 

街中から少し車を走らせたところに

教会?修道院?跡があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても立派な教会が遺跡になると

こんなモノモノしい

雰囲気になるんですね・・・

 

 

ピッタリデザインの棺桶。

 

 

 

もし入らなかったらどうするんだろう。

 

 

 

また削るのかな・・・

 

 

帰って来たら

夕ご飯の年越しそばの準備です。

 

 

オーストラリア産のオーガニックそば。

中華スーパーで買えます。

 

 

今日は私のリクエストで

野菜たっぷり天ぷらそばです!!

 

 

 

 

 

出来上がったモリモリの天ぷら皿を

写真に撮ろうとしたら、

 

 

もう既に

ほとんど無くなっていました。(笑)

 

 

 

 

 

いつものことなんですけど。(笑)

 

 

子供たちが寝た後、

姉夫婦の大晦日の恒例らしい

白黒の映画を観ていたのですが、

 

 

 

私は完全に

寝ておりました。(笑)

 

 

で、

 

 

 

年越し15分ほど前に

起こしてもらった時には

既に花火が始まっていて・・・

 

 

 

 

 

ロンドンのビッグベンのある川で

毎年行なわれる花火。

 

 

 

 

 

日本で初詣のために

神社に人が並ぶのと同じくらいに、

川の前にはギュウギュウの人。

 

 

 

 

 

そんな風景を

 

 

「寒いし、窮屈そうだし、理解できんわ~。」

 

 

なんて言いながら

のんびりテレビで観ている

リーズの私たち。

 

 

 

 

 

音楽に完璧にあったパフォーマンス。

 

 

 

 

 

観覧車中からバチバチと

激しく光りまくる花火。

 

 

 

スゴイ技術です。

 

 

とかってぽけ~~と観ていたら、

花火もフィナーレ。

 

 

 

 

 

ついに年越しか!!!

 

 

 

 

 

バチバチバア~~ン!!!

 

 

 

 

 

おおおぉぉ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

 

・・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・??

 

 

 

 

 

 

ん?

カウントダウンは・・・?

 

 

 

 

 

 

 

時計を見ると、0:12。

 

 

 

あれ、もう年越してるじゃん。

 

 

 

 

 

そんな感じの

2018年初日。(笑)

 

 

 

 

 

特にカウントダウンとか

しないみたいですね。

 

 

 

 

 

世界の標準時の国なのに。

 

 

 

 

 

「この国の人は何分何秒とか、

細かいのなんて気にしないよ~。」

 

 

 

と姉に言われました。(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに最近、

 

 

”20秒早く電車が発車してしまったことを謝罪した”

 

 

というニュースが

日本でもあったと思いますが、

 

 

イギリスのBBCニュースでも

紹介されていました。

 

 

 

(日本ってそんななの!?細かくね!?という意味で。)

 

 

2018年、

最初に口にしたのは

サーモンの頭と芋焼酎。

 

 

 

 

 

改めて

あけましておめでとうございます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

朝がやってきました。

 

 

 

朝食は簡単にシリアル。

 

 

 

そしてすぐに

おせちの準備に取りかかります。

 

 

 

 

 

もちろん、正月三が日は

できるだけ火を使わないという、

正月基本ルールは守りつつ、

既に準備したメニューを盛りつけます。

 

 

どお〜〜〜〜〜ん!!!

 

 

 

見よ!!

 

 

 

すごいだろう!!

私のお姉様!!!

 

 

 

(身内自慢ほど何とやら・・・とか言いますけど。笑)

 

 

 

 

 

まず、重箱の中身から・・・

 

 

昆布巻き

筑前煮

インゲンのごま和え

クリームチーズ入りペッパー

 

 

松前漬け

こんにゃくの煮物

 

 

エビのサラダ

枝豆

いくら

 

 

アボガドとカニカマのカップケーキ

 

 

スモークサーモン

パルミート(ヤシの芽)

 

 

くりきんとん

黒豆!!!

 

 

北欧風〆サーモン

(ビートルート)

 

 

 

ババの梅干し

(母の手作り。甥っ子の大好物。)

 

 

焼き魚も。

 

 

 

いただきます(^^) 

 

 

食後はニッカの

フロム・ザ・ラベル!!

 

 

 

 

 

私的に余市10年が

年数をつけなくなって以降、

 

 

日本のウイスキーで

コスパNo.1と思っているものです。

 

 

(NHKドラマでニッカブームが来たおかげで年数入りの流通が減った?無くなった?んですよね・・・)

 

 

 

 

 

東北にいる頃は

近くのコープでも買えて、

とても助かっていました。

 

 

 

 

 

そんなフロム・ザ・ラベルは

イギリスにも売ってるんですよ~!!

 

 

 

結構好評価らしいです。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ高いけど、

開けさせてくれました(^^)

 

 

箸置きは折り鶴。

かわいい。

 

 

 

 

 

次回は紅茶で有名な

ハロゲートにお出かけした時の話。

 

 

 

イギリスにもおいしいものがあるんですよ!

シリーズのおまけです。

 

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。