今回の大震災で

亡くなられた方々の

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

そして、

 

 

未だにがれきの中で

助けを待っているであろう方々が

 

 

一刻も早く

助け出されますように・・・

 

 

 

本当に、

一刻も早く・・・

 

 

 

 

 

 

 

このニュースを目にした時に

なによりも不安に思ったのが、

 

 

イラン・イラクの国境沿いである

ということ。

 

 

 

 

 

国境は地図上では

ただのラインでしかないのに、

 

 

国境を陸路で越える度に感じる

”隣国”との軋轢や距離感。

 

 

 

 

 

未だに

民族・国境問題に揺れ続けている

東〜南ヨーロッパを

陸路移動していると、

 

 

色々なことを考えさせられます。

 

 

 

 

 

今まさに、

 

”できること”を

”できなく”しているんじゃないかと・・・

 

 

 

 

 

辺境の地ということで

救助も物資も

何もかも足りないであろう状況。

 

 

 

 

 

周辺各国の協力は

得られるのだろうか、

 

 

 

もしできるのに

しない・できないと言うのであれば、

 

 

 

私は人間が醜いと

思ってしまいそう・・・

 

 

ミャンマーと

バングラデシュの国境沿いで

 

 

今なおつづく

ロヒンギャ(イスラム教徒)の

迫害と虐殺。

 

 

 

 

 

アウンサン・スーチーさんが

トップになった時に、

 

 

こういった問題は

なくなるのかもしれない

 

 

と思っていたけれど、

そんなことは無かった。

 

 

 

 

 

”違う”ことが目の敵にされて、

それが攻撃の理由になる。

 

 

 

 

 

どんな悪人でも、

目の前で井戸に落ちる子供がいたら

 

 

「あ!」

 

 

と思って

手を差し出そうとするはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

そういう性善説を

私は信じているけれど、

 

 

その本能を

負の感情と環境が

邪魔をしてしまうのかもしれない・・・

 

 

 

 

 

ひとつの命を、

 

 

国境も

民族も

宗教も関係なく

 

 

大事にできたらいいのに、

と思わずにはいられません。

 

 

 

 

 

とにかく、

一刻も早く。

 

 

 

 

 

被災された地域の方々が

元の生活に戻れますように・・・

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。