トルコのイスタンブールには

巨大なマーケット街

 

 

”グランドバザール”

 

 

があります。

 

 

 

 

 

日用品から宝飾品まで

ここにくれば何でも揃う。

 

 

 

 

 

そんな場所を散策して、

 

 

その後ボルポラス海峡に架かる

 

 

”ガラタ橋”へ。

 

 

 

 

 

ガラタ橋には

 

 

たくさんのレストランや

カフェ、バーが

 

 

軒を連ねています。

 

 

 

 

 

その1軒で

魚!酒!!

を満喫したお話。

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

世界一周を始めて

はや7ヶ月が経過しました。

 

 

 

 

 

そのうち1ヶ月半は

緊急帰国していましたが、

 

 

その期間を除いても半年。

 

 

 

 

 

旅先で逢う旅人には

 

”3〜4ヶ月ごとに日本に帰る”

 

という人が多い印象。

 

 

 

 

 

確かに、

私もそのタイミングで

 

 

図らずも

帰国することになりましたが・・・

 

 

 

 

 

ジュピを看取って、

再出発してから2ヶ月半。

 

 

 

 

 

”旅”自体が

生活の一部になっていて

 

 

あまり不自由もなく、

 

 

ホームシックもなく。

 

 

(ジュピのことは毎日思い出すけど。)

 

 

 

 

 

旅が性に合っているんだな〜、

と感じています。

 

 

 

 

 

次はどこに行くか。

 

 

どのルートなら安全か。

 

 

どこで寝るか。

 

 

どうやってごはんを確保するか。

 

 

そこで何を見るか。

 

 

何が得られるか。

 

 

 

 

 

そういうことを毎日考えながら

 

 

”保証の無い毎日を確保する”

 

 

というのが旅の日常で、

 

 

それが性に合わない人もいるので、

そのへんは本当に良かった。

 

 

 

 

 

めんどくさがりの

私でもできるんだから、

 

 

そんなにすごいことでは

無いんですけどね。

 

 

さて、今日は

イスタンブールのグランドバザールへ。

 

 

 

 

 

観光地でもあると同時に、

 

 

本当になんでも揃いそうな

規模だったので

 

 

必要な物の

買い出しでもしようかと

立ち寄りました。

 

 

 

 

 

というのも、

 

 

イスタンブールの宿で出逢った

 

 

エジプトから来ていた

同い年のシャイマ(露出度高すぎるプリンセス系女子)が

 

 

 

「これグランドバールで買ったの!」

 

 

 

と言って

見せてくれた品々の中に

 

 

花の天然オイルとか

スキンケア系の物がたくさんあって、

 

 

アジアを離れてから

乾燥肌に悩まされていたのもあって

 

 

 

これだ!!!

 

 

 

となったわけです。

 

 

ということで

広い広いグランドバザール内を

テクテク。

 

 

 

 

 

宝石店

 

服屋

 

靴屋

 

食器屋

 

骨董品・・・

 

 

 

 

 

広すぎて見つからない・・・

 

 

一旦屋外に出たと思ったら

次は食品コーナー。

 

 

甘そうなお菓子。

 

 

豪快にお肉をさばいてます。

 

 

スパイスやナッツも。

 

 

食品売り場には

スキンケアのオイルなんてないか・・・

 

 

 

 

 

と諦めていたら!!

 

 

 

 

 

客引きで声をかけてくれた

おじちゃんのお店に

あったんです!!!

 

 

シャイマが

 

 

「あなたの肌にはココナッツオイルがいいわね。」

 

 

と教えてくれたので、

 

 

ココナッツオイルを購入。

 

 

 

 

 

カッパドキアのウルギュップで買った

ヤギミルクの手作り石けんと

合わせて使うと、

 

 

私の

ものすごいカッサカサの乾燥肌が

 

 

そんな気配も見せないくらい

普通の肌になります。

 

 

 

 

 

天然ものって

すごいんですね〜・・・

 

 

 

 

 

シャイマ、

教えてくれてありがとう。

 

 

 

(イスタンブールに長く居るようで、これ以外にも色々とお世話になりました。)

 

 

 

 

 

私のFacebookに

ラブリーすぎるメッセージを送ってくれて

 

 

文化の違い(?)に

たじろぐこともあるけど、

 

 

いつかエジプトに

行ったときはよろしく、

プリンセス。

 

 

そんな大収穫の買い物を終えて、

次にやって来たのは

ガラタ橋。

 

 

 

 

 

黒海とマルマラ海、

エーゲ海をつなぐ

ボスポラス海峡です。

 

 

ここにも釣り人。

 

 

 

トルコの人は

釣りが好きなんでしょうか。

 

 

橋を渡ると、

そこら中に釣り人。

 

 

1mどころじゃない間隔で

並んでいます。

 

 

 

糸、からまらないのかな。

 

 

いい感じに

夕暮れが近づいてきました。

 

 

 

 

 

このガラタ橋は

二重構造になっていて、

 

 

下の階に降りることもできます。

 

 

下の階はこんな感じで

レストランなど飲食店が軒を連ねています。

 

 

 

見あげると

釣り竿だらけ。

 

 

そんな素敵ビューの場所で、

ケバブならぬ!!

 

 

 

 

 

サバブ!!!

 

 

 

 

 

 

 

とは言わないらしいです。

 

 

 

 

 

ふつーに

フィッシュサンド。

 

 

 

サバサンド。

 

 

 

 

 

が、これが

うまいんですよね〜〜。

 

 

 

 

 

トルコのさっぱりめの味付けと

脂ののったサバ。

 

 

 

レモンを搾って頂きます。

 

 

食後はトルコのお酒

RAKI(ラク)に初挑戦。

 

 

 

 

 

キツいらしいと聞いていたけど、

 

 

アブサンとか

ペルノを飲んだことのある人は

すぐ分かると思います。

 

 

 

 

 

まさに

それらと同じような感じです。

 

 

 

 

 

好みは分かれると思いますが、

 

私はこのタイプのお酒、

 

そんなに嫌いじゃないです。

 

 

 

 

 

ちなみにペルノと同じく、

 

 

元々は透明ですが

水を足すと白く濁ります。

 

 

そして、

このお店の

おにーさんとおいちゃんの間くらいの

店員さんが

 

 

 

ここはイタリアでしたっけ??

 

 

 

というくらい、

ずーーーっと口説いてくるんです。

 

 

 

 

 

トルコあるある。

 

 

 

 

 

何が楽しくて

通りすがりの観光客に

声をかけるのか。

 

 

 

謎ですね。

 

 

海を見ながら、

釣り糸と、たまに釣れる魚を見ながら、

のんびりまったり。

 

 

 

 

 

普段ケチってるんだし、

たまにはこういう贅沢も必要ですね。

 

 

次回は

長居しすぎたトルコを抜け出して

ブルガリアへ!!!

 

 

 

 

 

と思ったら行けずに

地元民と

わいわいやってしまってた話。

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。