皆さんこんにちは。

 

 

 

カンボジアのシリアスな雰囲気から一転。

 

 

 

ベトナムはのんびりです。

 

 

 

カンボジアの歴史と同時に、

そんなに遠くない昔に

ベトナム戦争があったのは事実なんですが。

 

 

 

その影響を感じるような、

感じないような街や人の雰囲気です。

 

 

 

さて、

 

”ベトナム縦断・オープンバスの旅”

 

いよいよクライマックス!!!

 

 

 

首都ハノイへ向かいます。

 

 

食べ物が最強においしかった

フエ(前回のブログ)から

オープンバスで約13時間!!!

 

 

 

今回のオープンバス旅では

最長の距離を走ります。

 

 

 

結局、

ハノイに行くバスも

世界転々ワーカーのタカさんと同じになりました(^^)

 

 

出発は夕方5時半。

 

 

 

道はキレイに舗装されているし、

 

スリーピングバスで

座席もしっかりリクライニングだし、

 

快適っちゃ−快適です。

 

 

 

がしかし、

 

やっぱりクラクションがうるさい。(笑)

 

 

 

運転手さんの目覚ましなのか、

BGMなのか・・・

 

 

 

数時間おきに

休憩をはさみながら順調にハノイへ。

 

 

早朝のガソリンスタンドには

出荷途中の豚さんがいました。

 

 

 

みんな大人しい・・・

 

 

そんなこんな、

しんどい13時間を乗り越え

 

到着しました!!

 

 

 

ハノイ!!!

 

 

 

建物がキレイ!!!

 

 

 

車もバイクも多い!!!

 

 

 

都会!!!

 

 

 

ハノイには、

大学時代に研究室でお世話になった

ナーさんが住んでいます。

 

 

 

(当時、ナーさんはベトナムから留学しにきていて、私の研究室の先輩だった。)

 

 

久々の再開!!

 

 

 

ナーさんに迎えに来てもらい、

 

”陸のハロン湾”と呼ばれる

“Trang An(チャンアン)”を目指します。

 

 

 

そもそもハロン湾とは、

 

ハノイ観光に来た人の8割以上が行く場所

と言われる、

 

大絶景の世界自然遺産。

 

 

 

海にあるのが

本物の”ハロン湾”です。

 

 

 

がしかし、

 

「ハノイには

もうひとつハロン湾があるんだ!」

 

と、

ハノイに住む人は言います。

 

 

 

それが

”Trang An(チャンアン)”にある

”陸のハロン湾”。

 

 

自力で行く場合は、

 

・ハノイから”Ninh Binh(ニンビン)”行きのバスもしくは電車に乗る。

 

→タクシーやレンタルバイクで上の地図のマーカーの場所に行く。

 

という方法。

 

 

 

ですが、一番簡単なのは

ハノイの旅行代理店でツアーを申し込むこと。

 

 

 

ハノイの街のそこら中にある旅行代理店で

 

“Trang an(チャンアン)”や

“Ninh Binh(ニンビン)”と伝えると

各種ツアーを案内してくれます。

 

 

 

私はというと、ナーさんと

ナーさんの研究チームの人たちと一緒に

車で行きました。 

 

 

到着してエントランスに向かう橋を渡ります。

 

 

 

川沿いには船がたくさん!!

 

 

チケットを購入(約¥1000)して

ボートに乗り込みます。

 

 

今日はあいにくの雨。

 

 

 

カッパはお店で売っているので大丈夫。

 

 

 

この帽子も売ってるのかな〜?

 

 

 

中国人ツアー客の方々は

皆かぶってました。

 

 

出航!!!

 

 

 

すでに景色がすごい!!!

 

 

 

ワクワク!!!!!

 

 

観光客を乗せた船は

次々に

ドデカイ山に突っ込んで行きます。

 

 

 

こいでくれる船頭さん(ほとんど女性)がいますが、

私たち観光客用のオールがあるので

一緒にこぎます。

 

 

おお!

小さい洞窟があるのね!!

 

 

通れるの・・・!?

 

 

 

ってくらい狭い洞窟。

 

 

 

身をかがめながら入って行きます。

 

 

通り抜けると・・・

 

 

おお〜〜〜!!!

 

 

 

こんなところにも寺がある!!!

 

 

そしてまた次の洞窟へ。

 

 

暗くて狭い中、

船頭さんは上手にこいでくれます。

 

 

 

船のコントロールが難しそうなので、

洞窟の中では私たちはオールを使わず。

 

 

次は何があるのやら〜。

 

 

 

トンネルを抜けるとそこは・・・

 

 

 

みたいなワクワク感です。

 

 

川のど真ん中に

何に使うかわからない建築物が!!!

 

 

 

どうやって建てたんだろう・・・

 

 

大自然の中を

スイスイ進んでいきます。

 

 

これまた一段と狭そうな洞窟・・・

 

 

 

そして、まさかの・・・

 

 

ゴンッッッ!!!

 

 

 

という鈍い音と共に

私のおでこには

たんこぶができました。

 

 

 

小学生以来・・・

 

 

皆、上手によけています。

 

 

やっぱり私はアホなんだな・・・

 

 

緑がキレイです。

 

 

 

カメラがあまり使えないのが難点だけど、

雨の日もいいもんだ。

 

 

また洞窟です。

 

 

 

雨季は水かさが上がって

通れなくなるらしいんですが、

私が行った時期はまだギリギリ大丈夫でした。

 

 

 

本当にギリギリなんですけど。(笑)

 

 

全ての岩に警戒して・・・

 

 

もう頭はぶつけないぜ!!!(笑)

 

 

洞窟を抜けるたびに

同じようで

全く違う景色が広がります。

 

 

建物が集合しているところがありました。

 

 

船頭さんに頼んで

上陸させてもらいます。

 

 

亀が並んでる・・・

 

 

一体奥に何があるのやら・・・

 

 

バナナも自生しちゃうような

自然の中を進んでいきます。

 

 

奥になにかあるぞ・・・

 

 

ん・・・?

 

 

飛行機の残骸???

 

 

んんん???

 

 

ここまでくれば、

見たことがある人がいるかもしれません。

 

 

実はここ、チャンアンは

映画”キングコング”のロケ地なんです!!!

 

 

撮影時のセットをそのまま残しています。

 

 

 

肩甲骨!!!

 

 

 

リアル!!!

 

 

このおじちゃん。

 

 

映画にも出ていたらしい。

 

 

記念撮影。

 

 

 

エキストラとして出演していた人たちが

たくさん待ち構えているんですが、

 

観光客、全然来ないっぽい。(笑)

 

 

 

わざわざ船を降りないと行けないし、

船頭さんも英語とかしゃべれないから

 

案内されること無く

通り過ぎちゃうんだろうな〜。

 

 

 

「やっと人来た!!!」

 

 

 

みたいな雰囲気で

歓迎してくれました。(笑)

 

 

ロケ弁のデリバリー。

 

 

ロケ地の村を通り過ぎたところに

船頭さんが船をまわしてくれていました。

 

 

 

ナーさんがベトナム語で

色々やりとりしてくれるから

私たちは、ただ任せているだけ。

 

 

 

ありがたや。

 

 

こちらがナーさん。

 

 

 

若く見えるけど

ベトナム獣医師界での期待の星。(らしい。)

 

 

岩肌。

 

圧巻。

 

 

 

大自然に圧倒された

チャンアンでのクルージング。

 

 

 

ハノイ観光は

ハロン湾だけじゃないんですね!!!

 

 

 

海が苦手な方や

キングコングが好きな方は

ぜひ”陸のハロン湾”に行ってみてください♪

 

 

【ありがとうございます!!】

私のサイト広告を経由して

Amazonで商品を購入してくれた方が

いらっしゃるようです!!

今日のお昼ご飯はバナナ以外にします♪

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。