皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

前回のブログのつづき。

 

 

 

2001年9月11日。

 

 

 

マンハッタンにある

ワールドトレードセンター

(以下 WTC)

で起きた飛行機テロ。

 

 

 

今日はその跡地に行ったときの話。

 

 

 

少し気分が重くなる内容を

ごちゃごちゃと

まとまらない言葉で書いています。

 

 

 

 

↓↓そのほかのNYの様子はこちら。

自由の女神をタダで見る方法と、NYでの衝撃カウチサーフィン体験。

 

 

カウチサーフィンで

泊まらせてもらっている

衝撃的な家から

 

 

メトロを乗り継いで

マンハッタンの南へ。

 

 

メトロの駅は

WTC周辺の建物に接続しています。

 

 

 

中はとてもキレイ。

 

 

建物から出て、跡地へ。

 

 

 

現在は

 

 

”ワールドトレードセンターサイト”

 

 

と呼ばれています。

 

 

 

 

 

入る直前に

 

 

”この場所で騒いだりしないこと。”

 

 

などの注意事項が書かれた

立て札がありました。

 

 

 

当然ですね。

 

 

倒壊した

2つのタワーがあった場所は

水を讃える記念碑に。

 

 

敷地全体は公園になっています。

 

 

記念碑には

犠牲になった人たちの名前が

刻まれています。

 

 

全ての名前を読むように、

2つの記念碑を

それぞれ1周しました。

 

 

 

 

 

友達と同じ名前の人たちを

多く見つけました。

 

 

 

 

 

日本人の名前も

たくさんありました。

 

 

 

 

 

日本国内では

テロを経験したことはなくて、

 

 

遠い世界のように

感じてしまいますが、

 

 

多国籍の人々が

働いていたWTCでは、

 

 

各国から仕事に来ている人たちが

犠牲になったのです。

 

 

 

 

 

子供だったあの日、

あの時、

 

 

テレビで見た

ビルに飛行機が突っ込んで行く映像、

 

 

 

崩れていくビル。

 

 

 

 

 

これは現実ではない。

 

 

 

何かの映画の1コマだと

錯覚してしまうような映像。

 

 

 

居間のテレビを

部屋の端に立ったまま見つめていたのを

思い出します。

 

 

 

 

 

でも、見ていた映像は現実で

その中に

生きた人がいたんだということ。

 

 

 

 

 

20年の時を経て

やってきたWTCの跡地。

 

 

 

 

 

子供の頃の記憶を呼び起こし

強いメッセージを持って

訴えかけてくる場所でした。

 

 

そして、今も、

世界中では数えきれないほど

多くの人たちが

テロの犠牲になっている。

 

 

 

 

 

人間に産まれると、

生態系にも地球にとっても

何の役にも立たない

理不尽な死が訪れることがある。

 

 

 

 

 

それは、きっと私にも

明日か、今日か、

訪れることかもしれない。

 

 

 

 

 

きっと、

このテロを引き起こした人たちは

強い信念を持っていたのだろうけれど、

 

 

私には到底、

理解できないこと。

 

 

 

 

 

この場所で、

人間という生き物の愚かさと、

 

 

今も続く憎しみの連鎖を

垣間見た気がしました。

 

 

 

 

 

技術ばかりが進歩しても、

それは人間の進歩と

言えるんだろうか??

 

 

 

 

 

なんでこの場所で

笑顔でセルフィーしてる人が

いるんだろう??

 

 

 

 

 

マイナスな感情ばかりが

グルグルしてしまいます。

 

 

 

 

 

そんな記念碑で

水浴びをするハトさんを見ました。

 

 

日本では平和の象徴であるハト。

 

 

 

 

 

記念碑を訪れる人たちのことなんて

おかまい無しです。

 

 

 

 

 

こういうとき、

動物たちの存在って大きいよな、

と思います。

 

 

 

 

 

もちろん、

生き残るための自然界での戦い、

強い弱いはあるけれど、

 

 

無垢で、

”生”に真っ直ぐで、

理不尽じゃない。

 

 

 

 

 

グルグルした気持ちを

少し落ち着けてくれました。

 

 

跡地の隣には

新しいWTCが建っています。

 

 

夕日を浴びて

周りの建物が赤く染まっても、

 

 

動じず、色を変えず、

堂々と建っています。

 

 

 

 

 

テロに屈しない。

 

 

 

これは全世界で言えること。

 

 

 

 

 

日本では経験したことがないから

と言って、

他人事だと思ってはいけないこと。

 

 

 

 

 

対話ができないとき、

力でねじ伏せるしかない。

 

 

 

となってしまうのは、

どうしようも無いことなのでしょうか。

 

 

 

 

 

なんの罪も無い人々が、

子供たちが、

突然銃弾を浴びて殺されてしまう。

 

 

 

それに対抗するために、

また武器を使って人を殺す。

 

 

 

本当に人間って恐ろしい・・・

 

 

 

 

 

宗教や民族、

過去の記憶、

”何か”が相容れないから

戦いが起きてしまう。

 

 

 

 

 

同じ人間同士なのに。

遺伝子のほとんどは同じなのに。

 

 

 

 

 

それぞれの人間が、

隣にいる人の多様性を

”当たり前”だと思う。

 

 

 

 

 

”受け入れる”という言葉は

何かしっくりこないところが在る、

 

 

というイメージですが、

せめて”受け入れる”でもいいから、

 

 

 

 

 

皆がそれさえできれば、

こんな醜い戦いは

無くなるんじゃないかなあ・・・

 

 

 

 

 

戦いに関して

他の理由を考えてみても、

 

 

戦争ビジネスだとか、

資源の取り合いだとか、

 

 

どこまでいっても

”人間らしい”欲が

つきまとうんですよね。

 

 

 

 

 

世界各国で今なお続く

多くの戦いは、

いつ終わるんだろうか。

 

 

 

いくら綺麗事を言ったって、

現実は現実。

 

 

 

 

 

自分が死ぬまでに、

 

 

「世界がやっと、良くなってくれた。」

 

 

と思える日が

来てくれたらいいのになあ・・・

 

 

 

 

 

テロの跡地と、

自由の女神、

多国籍の人が行き交う

タイムズスクエア。

 

 

 

 

 

様々なメッセージを持った街、

ニューヨーク。

 

 

 

 

 

人が多いのもニガテだし、

治安面も不安で、

 

 

実はあまり来たくなかったのですが

 

 

やっぱり来てみて良かった。

 

 

 

 

 

とはいえ、

埃っぽい家には

ずっと居られないので、

 

 

この日も寝るギリギリまで

スタバで時間をつぶし、

翌朝には空港へ向かいました・・・

 

 

にゃんこのいる生活は

ステキなんですけどね。

 

 

 

カウチサーフィンってすごいな・・・

 

 

 

 

 

次回はマイアミ。

アメリカのリゾート地って

どんなんだろう??

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。