皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

前回のブログのつづき。

 

 

 

 

 

イギリスはヨーク。

 

 

 

ヨークシャーでも

目玉観光地のこの街で

 

 

特にオススメの

鉄道博物館に行った時の様子を

ご紹介します。

 

 

 

 

 

このイギリス国立博物館は

 

日本のさいたま鉄道博物館、

京都鉄道博物館と

 

姉妹博物館とのこと。

 

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

 

なんと、この異国の家で

あの車両を

見ることができるんですね!!

 

 

 

↓↓ヨーク観光の様子はこちら。

【イギリス・ヨーク】ニューヨークともゆかりがある歴史都市。定番からコアなお店まで、見どころ一挙公開!

 

【今日のごはん】

 

ヨークシャー産蜂蜜!!

 

今日はごはんじゃないのですが・・・

 

私のイギリスでの

お気に入り食品を紹介します。

 

もぎたてのような固形の蜂蜜。

 

しっかりとした味で

甘すぎるものがニガテな私も食べられます。

 

 

イエトスト!!

 

ヤギ乳から作られるチーズです。

 

味は、

そんなに甘くない塩キャラメルを

イメージしてください。

 

特殊な製法で

チーズだけど、チーズじゃないような。

ヤギ乳だけど、くさくない。

 

不思議なチーズです。

 

日本でもデパ地下で見つけることがあったので

ごくたま〜〜に買っていたのですが、

高すぎて・・・

 

でも、もしどこかで見かけたら

是非試してみてください!!

 

チーズの常識が変わります!!

 

 

さて、一通り

ヨークの街をぶらついてから

鉄道博物館に戻ってきました。

 

 

 

↓↓場所はここ。

 

寄付を募っているだけなので

無料で入ることも可能。

 

 

 

 

 

でも、本当に

すごく立派で充実しているので、

 

 

気持ちだけでも寄付する方が

スッキリするかもしれませんね。(^^)

 

 

主たる展示棟は2つ。

 

 

 

ふる〜〜いイギリスの鉄道から、

最新の鉄道。

 

 

 

世界各国の鉄道も。

 

 

 

 

 

展示数が多いので、

鉄道が好きな方は

時間に余裕を持って来られることを

お勧めします。

 

 

姉と街歩きをしている間、

甥っ子と義兄は

ずっと鉄道博物館にいたのですが、

 

 

キッズスペースも充実していて

全然飽きていなかった様子。

 

 

 

 

 

義兄と子守りを交代して

姉夫婦が街歩きしている間、

 

 

甥っ子たちのオススメの鉄道を

教えてもらうことに。

 

 

 

 

 

当然、2人それぞれ

違う方向に進もうとします。(笑)

 

 

 

 

 

でも、

2人して共通していたのがコレ!!

 

 

 

 

 

新幹線0系!!!

 

 

 

 

 

こんな異国で

0系が見れるとは!!

 

 

 

 

 

新幹線の中では

0系が一番好きです。

 

 

 

丸っこくて

なんだかかわいいので。

 

 

これがさいたま鉄道博物館との

姉妹博物館の証らしいです。

 

 

中にも入れます!

 

 

新幹線が大好きな甥っ子は

ここが大好きらしく、

 

 

「こっち!早く来て!すごいでしょ!!」

 

 

と大興奮していました(^^)

     

 

0系・300系が走っていた頃の

日本の様子を紹介する

映像も流れていました。

 

 

 

 

 

0系の時代を知らないのですが、

なんとなく懐かしい気分になりました。

 

 

”日本が誇る新幹線とは”

 

 

 

という感じの

説明パネルもしっかりあります。

 

 

 

新幹線コーナーだけは日本語もあります。

 

 

制服とか、

 

 

駅弁とか。

 

 

 

 

 

そういえば、

ご当地別の”駅弁”というのも

珍しい文化かもしれないですね。

 

 

 

 

 

インドの鉄道も、

車両内を売り歩く食べ物や

チャイの味は

地域によって違ったりしましたが。

 

 

 

 

 

イギリスでは

サブウェイとかばかりだし・・・

 

 

これはイギリスとフランスを繋ぐ鉄道

”ユーロスター”!!

 

 

 

 

 

ドーバー海峡を通る

トンネルの実寸断面モデルと

一緒に展示されています。

 

 

 

 

 

いつか乗ってみたいな〜。

 

 

 

でもほとんど

真っ暗なトンネルの中なのかな・・・

 

 

中国の機関車。

 

 

操縦室。

 

 

 

かっこいい〜!!

 

 

 

でも何を使って何ができるのか

意味わからな〜〜い!!(笑)

 

 

レールや車両のパーツの展示があったり、

 

 

 

中に入れたり、

 

 

機関車の下にもぐって

 

 

底が見れたり。

 

 

 

こういう展示は初めて見ました!!

 

 

 

 

展示用(?)なのか

解体して、修繕している

倉庫の様子も見ることができます。

 

 

 

パネル展示も充実。

 

 

子供が積み木で

機関車を組み立てられるところ。

 

 

 

2重車輪。

 

 

 

斬新。

 

 

博物館の隣のヨーク中央駅を発着する

電車を眺めることができる

テラススペースもあります。

 

 

迷路のような倉庫。

 

 

9と4分の3番線。

 

 

 

こういう遊び心、好きです(^^)

 

 

結局、博物館が閉まるギリギリまで

楽しみました。

 

 

 

 

 

ヨークのイギリス国立鉄道博物館!!

オススメです!!

 

 

 

 

 

次回は

わりと見どころの無い(笑)

ブラッドフォードの見どころ

をご紹介します!!

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。