シンガポールからバスで

マレーシアのマラッカへ。

 

 

 

 

 

今日は

 

世界遺産都市のマラッカを

待ち歩きしたときの様子を

 

ご紹介します。

 

 

ちょっと長めです・・・

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

宿に荷物を置いたら

早速、街歩き開始。

 

 

 

 

 

マラッカに着いて、

まず最初に驚いたこと。

 

 

 

 

 

観光地を歩く

ゆるめの服の警備員さんが

銃を持っていること。

 

 

 

 

 

こわ。

 

 

 

 

 

ところで、皆さんは

 

”マラッカ”

 

と聞いて、

何を思い浮かべますか??

 

 

 

 

 

もちろん、

 

 

 

”タンカレー・マラッカ・ジン”

 

 

ですよね!!←

 

 

 

 

 

現在は流通のない、

復刻レシピを用いたタンカレー社の

プレミアム・ジン。

 

 

 

 

 

現在は幻とされています。

 

 

 

 

 

イギリスで販売されていたのを

働いていたバーに持ち帰ったのも

今は昔。

 

 

 

 

 

懐かしい・・・

 

 

 

おいしかったな・・・

 

 

 

 

 

スパイス交易で繁栄した

マラッカ。

 

 

 

 

 

ジン造りには

多くのボタニカル(香草など)を使います。

 

 

 

 

 

東南アジアの

豊かなボタニカルを象徴して

 

 

”マラッカ”

 

 

の名前をもらったのでしょう。

 

 

 

 

 

そんな街に来れるなんて

ハッピーラッキー(^^)

 

 

 

 

 

シンガポールで

メグミさんに聞いて

 

 

「マラッカって、あの!!?」

 

 

と思い、

来てみたのが幸運でした。

 

 

 

 

 

やっぱり、

あのマラッカに違いない。

 

 

 

そういうわけで、

マラッカは過去に

 

ポルトガル

オランダ

イギリス

 

による

統治を受けていました。

 

 

 

 

 

更には

マレー半島へ進出していた

中国系の文化。

 

 

 

 

 

そして

元々のマレー系の文化。

 

 

 

 

 

それらが折り混ざって

独特の文化を

築いてきたのが

 

このマラッカの街らしいのです。

 

 

 

 

 

では、テクテク開始!

 

 

まず見えてきたのは

街角の教会。

 

 

 

 

 

建物の中には入れなかったですが、

敷地内は出入り自由。

 

 

敷地内には2人の像。

 

 

日本人ぽい

髪の結い方だなー。

 

 

と思ったら、

やっぱり日本人の像でした。

 

 

 

 

 

”やしろう”さん

という方だそうです。

 

 

 

 

 

なんでマラッカに・・・?

 

 

で、

このお隣におわすのが

 

 

 

なんと!!!

 

 

あの有名な

フランシスコ・ザビエルさん

だそうです!!!

 

 

 

 

 

ここは

”セント・フランシス・ザビエル教会”。

 

 

 

 

 

ここで、驚きの事実。

 

 

 

 

 

像にもなっている

”ヤシロー”さんは

 

 

 

ここマラッカで

ザビエルさんに出逢い、

 

 

 

ヤシローさんが

ザビエルさんを日本へ連れきたそうです。

 

 

 

 

 

これにより

日本に初めて

キリスト教が伝えられたわけです!!!

 

 

 

 

 

ヤシローさん!!

 

 

 

 

 

すごい功績の持ち主じゃないですか!!

 

 

 

 

 

知らなくてごめんなさい!!!

 

 

 

 

 

この教会は

日本語の石碑や説明がありました。

 

 

それでは教会を後にして

観光の中心地へ。

 

 

 

 

 

美しい街並み・・・

 

 

の中に、

レゲエ。

 

 

 

 

 

マレーシアでは

レゲエのお店やアフロの人を

よく見かけます。

 

 

 

 

 

好きなのかな、レゲエ。

 

 

中心地に到着です。

 

 

 

 

 

”オランダ広場”にある

”マラッカキリスト教会”。

 

 

 

 

 

ここは入場料がいるそうです。

 

 

 

 

 

ということで、スルー。

 

 

ここがオランダ広場。

 

 

 

 

 

サーモンカラーの赤い建物が映えます。

 

 

マラッカの中心には

川が流れています。

 

 

 

 

 

川沿いの散歩は雰囲気GOOD!

 

 

対岸にはお店が並んでいます。

 

 

ちなみに、

川の水は汚いです。(笑)

 

 

道はキレイ。

 

 

 

さすがマレーシア。

 

 

橋の手前には

オランダチックな風車。

 

 

橋からの景色もいいですね〜。

 

 

 

 

 

でも、

ちょっと惜しいのが・・・

 

 

手前に思いっきり

配管が見えてることですかね!!!

 

 

建物も洋中折り混ざった

不思議な造り。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして更に不思議なのが

この乗り物。

 

 

 

 

 

自転車をおじちゃんがこいでくれて

観光地をまわれるやつ。

 

 

 

 

 

”トライショー”

という乗り物だそうです。

 

 

 

 

 

問題はデザイン・・・

 

 

 

 

 

これに、

おじちゃんですよ。

 

 

 

 

 

キティちゃんに囲まれて

昼寝してたりするし・・・

 

 

 

 

 

私はこれには乗らずに

歩いて散策。

 

 

水道管の水漏れ。

チビ噴水。

 

 

 

 

 

これも

シンガポールでは見なかった

久しぶりの感じ。

 

 

世界遺産的に重要そうな

公園発見!

 

 

難しい顔でお出迎え。

 

 

象と・・・

 

 

マッチョマン・・・

 

 

 

 

 

だれ・・・・・?

 

 

”マレーシアのボディビルダーの父”

らしいのですが、

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

知りません。

 

 

 

 

 

そして、これは

世界遺産都市のど真ん中に

必要なんでしょうか・・・

 

 

背中は、もはや脳みそ。

 

 

すいぎゅーーー!!

 

 

 

 

 

像にしてもかわいい(^^)

 

 

ドラゴンは、中国ポイですね。

 

 

ここにもお寺。

 

 

 

 

 

歩いているとそこら中にあります。

 

 

今度は陽気に(?)お出迎え。

 

 

”チャンフーテン寺院”

 

 

 

仏教のお寺です。

 

 

 

 

 

 

お寺を出ると、

なにやら爆音ミュージックが・・・ 

 

 

わらわらとあの乗り物が・・・

 

 

この”トライショー”軍団。

 

 

 

 

 

なかなかの爆音なので

 

乗る時も

近づいてくる時も

 

耳と心臓に気をつけましょう。

 

 

お次はモスク。

 

 

 

 

 

シンガポールもそうでしたが、

 

 

本当にすぐ近くに

 

仏教・ヒンドゥー・

イスラム・キリストの

 

施設が建っていて、

 

 

現役で

地元民の信仰の場となっているようです。

 

 

”カンポン・クリン・モスク”というそうです。

 

 

お祈りの時間以外は

自由に入れます。

 

 

 

(たぶん、時間外でもお祈りゾーンは信者のみ・・・)

 

 

 

まだまだ街歩き。

 

 

 

 

 

 

ファンキーすぎる!!!

 

 

マレーシアと中国の友好を示す

通りらしいです。

 

 

夕方になると

ナイトマーケットの準備が

始まっていました。

 

 

 

 

 

が、私は

早々に夕飯を済ましてしまったので

今回はパス。 

 

 

エビたっぷりの

海鮮ニョニャ・ラクサ。

 

 

 

 

 

”ニョニャ料理”は

こちらでいう

おふくろの味らしいのですが、

 

 

このラクサの、どの辺りが

”ニョニャ”なのかは不明・・・

 

 

 

エビ出汁がしっかりしていて

からうまでした。

 

 

川沿い散歩。

 

 

 

おしゃれなカフェが並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸を一回りして、

宿に戻り

今日のお散歩は終了。

 

 

翌日。

 

 

 

オランダ広場から丘を登って

”セントポール礼拝堂”の史跡へ。

 

 

 

 

 

ポルトガル統治時代の

礼拝堂だそうです。

 

 

右手、折れてるよ・・・

 

 

丘からは

マラッカの街を見ることができます。

 

 

礼拝堂の中。

 

 

石碑がたくさん。

 

 

なんて書いてあるかは

わかりません!

 

 

この史跡の中にも

出店がありました。

 

 

 

いいんだ・・・

 

 

この丘に登る途中にあった車。

 

 

 

 

 

第2次世界大戦の頃の車で、

 

 

イギリスからシンガポールに

渡ったこの車を

 

 

日本人がマレーシアへ

移したそうです。

 

 

 

 

 

ここにも、日本人。

 

 

 

 

 

旅をしていて、

 

 

「どこにでも日本人いるな〜。」

 

 

とよく思うのですが、

 

 

 

それは

今も昔も変わらないようです。

 

 

丘を下ったところにある要塞跡。

 

 

の中で、

ストリートライブ。

 

 

 

これもいいんだ・・・

 

 

 

 

 

世界遺産の街、

結構、自由。

 

 

 

丘を下って

道路をぐるっとまわる

途中にある大きな帆船。

 

 

 

 

 

海洋博物館だそうです。

 

 

 

 

 

これも含め、

マラッカは博物館がたくさん!!

 

 

 

 

 

私は今回、

どこにも入っていませんが

 

 

歴史ある独特な街なので

きっとおもしろいんだろうな〜。

  

 

川沿いにまた要塞が。

 

 

一時は

世界で最も忙しい港だった(らしい)

マラッカ。

 

 

歴史の途中で

消えて行ったとはいえ、

 

 

多くの文化の入り交じった街並みは

 

とても見応えがありました!

 

 

今日のごはんはここ!

 

 

 

 

 

 

”チキンライスボール”

 

 

 

なぜか、

マラッカは(マレーシアは?)

 

 

チキンライスの

ライスがボール状なんだそうです。

 

 

”ババニョニャ博物館”

というところもありました。

 

 

中華系・マレー系の混血の人たちや

 

その文化を紹介する博物館だそうです。

 

 

こんな美しい建物も。

 

 

 

 

 

洋風ですが、

建築には中国も関わっているそうな。

 

 

 

 

 

中が気になりますね。

 

 

ちなみに。

 

 

 

私が今回泊まった宿↓↓

 

”トロカ・プレウォー・レジデンス”

 

 

洋中混ざった

不思議な内装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物棚で寝るにゃんこ。

 

 

朝ご飯は

甘い蒸しパンと

 

 

こちらも甘い

もち米でできた伝統的な食べ物。

 

 

 

おいしかった!!!

 

 

店員のお兄さん、

優しくて丁寧。

 

 

 

チェックアウトの時に

マンゴーサイダーくれました。

 

 

 

 

 

泊まった部屋はドミトリーで

まさかの屋根裏だったけども、

 

 

マレーシアに多いと聞いて怖れていた

南京虫被害も

とりあえず無かったし。

 

 

 

 

 

個室もあるようなので、

機会があれば是非。

 

 

この日出逢ったにゃんこ。

 

 

大あくび。

 

 

眠いけど、

立ち去ろうとすると

こっちを向く。

 

 

 

かわいい・・・

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。