==スポンサーリンク==

=================

 

水皿に顔をつっこんだまま

眠るジュピ。

 

 

 

水、全部こぼれてる・・・

 

 

 

 

 

こんにちは、あにとらです。

 

 

 

 

 

今日のジュピは

なんだか機嫌が良さそう。

 

 

 

 

 

罹患から10日目。

 

 

 

私が帰国して2日半。

 

 

 

 

 

帰国時から

反応が残っている左後ろ足の痛覚や

 

全身状態に

明らかな悪化は見られません。

 

 

 

 

 

一番恐れていた”軟化症”の可能性は

かなり低くなりました。

 

 

 

 

 

ただ、

全く食べ物を受け付けません・・・

 

 

 

 

 

あらゆるものを試しましたが、

 

においをかぐだけで

気持ちが悪くなるようです。

==スポンサーリンク==

=================

 

 

 

 

 

そういった点からも

ただ”ヘルニアだけ”

というわけではなさそうです・・・

 

 

 

 

 

昨日は

昼からずっとしんどそうでした・・・

 

 

両親は

1週間前に罹患してから

 

”絶対安静”

 

との、かかりつけ医さんの指示を

しっかりと守ってくれていたようで、

 

 

 

トイレ交換なども

していなかったようなんです。

 

 

 

 

 

”絶対安静”なので

まあここまではいいのですが、

 

 

 

玄関のタイルの上に直接

右後ろ足を下敷きにしたまま

寝そべっていますし、

 

 

 

おトイレも垂れ流し状態なので

確実に

足やお腹は皮膚炎起こしてるだろう・・・

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

少〜〜しだけ足をあげてもらったら、

案の定、

皮膚がまっ赤・・・

 

 

 

 

 

ぬるいお湯を水差しでゆっくりかけて

かぶれている部分を洗いました。

 

 

 

 

 

最初は嫌がって

怒っていましたが、

 

途中から観念した様子。

 

 

 

 

 

その後、

 

母とふたりがかりで

クッションとトイレシートを敷いた

 

即席のベッドに移動させました。

 

 

椎間板ヘルニアは

背骨や首の骨(ジュピの場合は首)

 

 

ズレたり、

縦方向に圧迫されることで

 

 

近くにある神経が障害され

身体に麻痺が出てしまいます。

 

 

 

 

 

なので、

 

絶対に

背骨や首の骨がズレないよう、

 

 

体全体を一直線に保ちながら

移動や体位変換をしないといけません。

==スポンサーリンク==

=================

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアは

犬にとても多い病気です。

 

 

 

 

 

ヘルニアを予防するためにも

 

健康なわんこでも

常に気をつけないといけません。

 

 

 

 

 

だっこする時も

体全体を支えるように。

 

 

 

 

 

上半身だけを持ってのだっこや、

身体が縦になるようなだっこは

危険です。

 

 

 

 

 

昨日のジュピは

この一連のお世話の後、

 

 

とても疲れたようで

ぐったりしていました・・・

 

 

 

 

 

心配で朝の4時くらいまで

起きていたのですが、

 

そのうちに

落ち着いて寝始めたので安心・・・

 

 

今朝起きてみると、

だいぶ表情が良くなっていました。

 

 

 

やっぱりかわいいな〜〜。

 

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

==スポンサーリンク==

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。