==スポンサーリンク==

=================

 

先日のブログで

ダタンラ滝と禅寺に行ったお話をしましたが、

その続きです。

 

 

 

ロープウェイを降りて、

キレイな街並みを横目にテクテク。

 

 

ダラットは

ベトナムの新婚旅行の人気スポットらしいです。

 

 

 

ドレスを来て

撮影会をしているカップルを

何組か見かけました。

 

 

アジサイも綺麗に手入れしてくれています。

 

 

30分ほどあるいたところに

大きな教会がありました。

 

 

 

寺の後に教会って・・・

 

 

 

まあ、

観光地でもあるようなので

==スポンサーリンク==

=================

細かいことは気にしないということで!

 

 

 

時間帯の問題?か、

建物の中には入れなかったので

敷地内を歩いてみます。

 

 

おばちゃんたちの井戸端会議。

 

 

地元民のいこいの場所でもあるようですね。

 

 

教会の前は、学校が近いのか

学生さんたちがたくさん座っています。

 

 

おやつやフルーツも売ってます。

バイクでドライブスルー。(笑)

 

 

 

更にテクテク。

 

 

 

教会から10分と少しくらい歩いたところの住宅街に

観光バスが停まっています。

 

 

クレイジーハウスに到着!!!

 

 

”世界のクレイジーな家”

 

 

として有名なんだそうです。

 

 

 

実際に制作者の方が住んでいらっしゃるそうです。

 

 

入口の左にある

ちっさなチケット窓口で入場料を払って。

 

 

(有料の)お宅訪問をさせてもらいます。

 

 

 

門をくぐってすぐに

クレイジーな世界が拡がります!!!

 

 

本物の木じゃなくてセメントを使った

モルタル造形。

 

 

壊れた窓の上はキリン。

 

 

うわーーー・・・

 

 

うわーーー・・・

 

 

うわーーー、しか言えなーーーい。(笑)

 

 

トイレの案内がちょっとかわいい。

 

 

迷路みたいな屋根の上をウロウロします。

 

 

細かいところまでクレイジー!

 

 

結構高い・・・

 

 

てっぺんまで行くと

街が見渡せます。

 

 

ここは居住スペースなのかな?

 

==スポンサーリンク==

=================

 

ご近所さんは普通の家。

 

 

実はここクレイジーハウス、

泊まれちゃうらしいです。

 

 

ホテル用に作られている部屋があって、

それぞれコンセプトが違います。

 

 

熊の部屋とか、

 

 

カンガルーの部屋とか。

 

 

目が怖い。

 

 

ちゃんと消火栓もあります。

 

 

このクレイジーハウスはまだまだ建築中。

 

 

職人さんがたくさん働いています。

 

 

建築法とか?

強度とか?

 

 

 

大丈夫なのかな??

 

 

 

よくわからんのですが、

 

 

階段とか、手すりが浅すぎて

もはや手すりじゃないし、

 

すれ違うときなんか

かなりデンジャラス。

 

 

 

高所恐怖症の人は気をつけましょう。

 

 

 

そんな感じで

自分までクレイジーになりそうな

お宅見学を終えて帰路につきます。

 

 

帰り道には大きな湖。

 

 

地元民たちはこの湖のほとりで

 

おしゃべりしたり、

 

釣りをしたり、

 

思い思いに過ごしています。

 

 

 

いい雰囲気の街だな~~・・・

 

 

テクテク。

 

 

 

テクテク。

 

 

 

これだけ歩いても

涼しいのでそんなに疲れない。

 

 

 

帰り道、

 

昨日と同じごはん屋さんで

 

昨日と違うメニューを

 

昨日と同じおじちゃんに

頼んでもらいました。

 

 

 

たった1日でも

けっこう色々と見れて

充実した1日となりました。

 

 

 

ホーチミンからバスで7時間と

アクセスはそんなに良くないのですが、

 

都会のホーチミンより

のんびりとしていて

 

人も優しく

とても過ごしやすいダラット。

 

 

フランスの田舎を思わせる

キレイな街並み。

 

 

 

ベトナムを訪れる際、

もし時間があれば

足をのばしてみることをオススメします。

 


↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

励みになります!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

==スポンサーリンク==

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。