==スポンサーリンク==

=================

 

 

タイにはメークロン市場という

不思議な市場があります。

 

 

 

なんでも、線路の上に市場を開いていて

電車が通るたびに市場をたたむという・・・

 

 

 

意味不明ですよね。

 

 

 

なんでそんなところに市場を作っちゃったんだっていう。

 

 

 

==スポンサーリンク==

=================

で、そういうところがあると同じ宿に泊まっている人が教えてくれて

(実はちょっとした観光地でもあるらしい。知らなかった。)

 

 

「明日行く予定」と聞いて

誘われるがままついて行ってみました。(また。笑)

 

 

 

朝7時に宿を出発し

タクシーでモーチットバスターミナルへ。

(初のタイでのタクシー。女一人だとタクシーも怖くて乗れない。乗らない。)

 

 

 

タイ中や東南アジア各所からバスが集まる、バスターミナル。

 

 

※2017年4月時点の注意

過去の旅行者の皆さんのブログなどで、ビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)からロットゥーに乗れるという記事があったりしますが、今はそのロットゥー乗り場は移転していたりするようです。

タイは公共工事も盛んで、常に変わっているようなので、随時新しい情報をチェックしましょう。

 

 

 

タクシーの降車場所が2階にあって

そのまま建物に入ると

ズラーーッとたくさんのチケット窓口が並んでいて

どこに行けばわからない。

 

 

 

とりあえず、近くにいた人に

「メークロン行きたい。」

って聞いてみたら、

 

 

「下の階に行って。」

とのことなので1階へ。

 

 

 

で、階段を降りてみると

なんと1階も、同じくらいの窓口が並んでいます。

 

 

 

どれだけのバスが集まってるんだろう・・・

 

 

 

で、やっぱり1階のどこに行けばいいかわからないので

近くの窓口の人に

「メークロン行きたい。」

と聞いてみると

 

 

「ターミナル・ティーのところに行って。」

と、外を指差して教えてくれました。

 

 

 

「ティーね!コップンカー(ありがとう)!」

と言って外に出て

ターミナルを探そうとしますが、

 

 

ひとまず目の前に見えるのは4番ターミナル。

 

 

 

数字じゃん。

 

 

 

ティーってどこ?

 

 

 

これは難しい問題だ・・・

 

 

 

ということで

一旦またチケット売り場に戻って

 

同じ人に聞いても

また「ティー」って言うよね

と思い、インフォメーションセンターを探します。

 

 

 

で、無事インフォメーションセンターを見つけて聞いてみると

 

 

 

「ターミナル・トゥー(2)」でした。

 

 

 

おしい!!!(?)

 

 

 

そんなこんなで、大型バスの行き交うターミナルを横切り

(通路も横断歩道も見つからんかったんですよ。)

奥のミニバス(ロットゥー)がならんでいるターミナルへ。

 

 

もはやターミナルの数字すら書いていない。

 

 

 

でも、とりあえず、4、3、ときているから次は2だろう。

 

 

 

ということで、近くに座っていた刺青ガンガンのおじさんに

 

「メークロンに行きたい。」

 

(何回言うんだこれ。笑)

と伝えると、所定のバス停の前まで案内してくれました。

 

 

(さすがタイ人。親切。タイの刺青は仏教の伝統らしいです。)

 

 

 

しばらく待っているとバスが来たので乗り込んで、

運転手さんの食事が済むのを待っているうちに

すぐ満席になったので、出発です。

 

 

 

電車に揺られて1時間と少し。

 

 

 

土ぼこりのロットゥー駐車場に到着です。

 

 

 

バスの運転手さんに

駅の方角を聞いて歩き出します。

 

 

その途中で、かなり大きなとりの唐揚げ屋さんを見つけたので、ブランチ(?)をして。

 

 

なつっこい猫ちゃんがいました。

 

 

片目はないようです。

幼少期のウイルス感染でしょうか。

 

 

 

とりあえず指差された方向で線路を探します。

 

 

線路発見!!!

 

 

 

メークロン市場どこ??

 

 

 

と線路沿いに見てみると

線路の奥に市場発見!!!

 

 

ほんとに、なんでこんなところで

市場やってんだ、という状態。

 

 

 

これまた日本では考えられない状況で

線路の上を歩いて市場に向かいます。

 

 

本当に線路すれすれに食べ物が並んでいます。

 

 

歩けるスペースは線路の上のみ。

 

 

線路の上ですべてを済ませます。

 

 

テクテク。

子猫ちゃん発見。

 

 

スイカ、種あんまりない。

 

 

テクテク。

まさにタイっぽい。

 

 

大小さまざまなサイズのニンニク。

 

 

私の好物・カオマンガイ(チキンライス)のごはんは、

鶏だしと一緒にニンニクが炊かれていたりします。

 

これがかなりおいしい。

 

ソースにもニンニク。

 

あんまり臭くなくて、ひたすら美味です。

(お店によるけど。)

 

世界一周中の食べ物をほぼ毎日アップしてる

私のインスタアカウント↓↓

https://www.instagram.com/drink.eat.drunk/

 

 

海鮮も。

 

 

このぎゅうぎゅうに詰めた魚は名物らしい。

 

 

お肉も。

 

頂いた命を余すことなく食べる文化はいいですね。

 

でも、4月のタイは炎天下。

いいのかしら。(笑)

 

 

店員さん、寝てるけど

どうやってお会計するんだろう。

 

 

 

そんなこんなで、市場の途中まで歩いたところで

なにやら放送が流れました。

 

 

 

市場はにわかに慌ただしくなります。

 

 

おばちゃんも立ち上がってスタンバイ。

 

 

おじさんも、スタンバイ。

 

 

「下がって下がって」

(と言われたんだと思う。たぶん。)

と言われ、

私も市場のお店の隙間に引っ込みます。

 

==スポンサーリンク==

=================

 

電車来た!!

 

 

 

電車はゆっくり進んでいきます。

 

 

すれすれ!!!

 

 

むしろ、値札とかちょっとあたってるけど!!

 

 

こっちも。

 

 

電車が通り過ぎたら

またお店のひさしを元に戻して。

 

 

何事もなかったかのようにお店再開。

 

 

 

本当に何事もなかったかのように、です。

 

 

 

これを日に8回(4往復)するんだから

すごいですよね。

 

 

 

ちなみにこの市場、

観光地でもあるんでしょうが

 

売っているものは生野菜や生肉など

地元民向けなのか案外安いものが多いです。

 

 

通り抜けるとメークロン駅が見えてきました。

 

 

 

改札もなく、自由。

 

 

 

観光客が電車に登ってたり

車掌さんもそれに応じて記念撮影したり。

 

 

 

いいのか・・・?

 

 

 

なんともおもしろい風景でした。

 

 

メークロン駅はメークロン線の端っこなので

そんなこんな観察していると、

また電車が出る時間になりました。

 

 

 

観光客もカメラを構えます。

 

 

近くにいたイケメン兄ちゃんも準備を始めます。

このお店はちゃんと布をかぶせて

商品を守っていました。

 

 

で、同じようにすれすれに通り過ぎた直後に

また元に戻して・・・

 

 

 

まだ若い兄ちゃんですが

店でスマホをいじりながらも

(これは普通のことらしい)

要所はちゃんと働いていました。

 

 

ちなみに、この屋根の固定棒は

地面に固定しているところと

こんな感じで壁にくぎを打って支えているところと

色々でした。

 

 

ビフォー。

 

 

アフター。

手際が良い。

 

 

 

市場を堪能したあと、

メークロン市場の近くをぶらぶらしてみました。

 

 

もこもこ!!!

もふもふ!!!

暑そうだけどね!!!

 

 

スーーーちゃーーーん!!!

毛、ボサボサになってるよ!!?

(私の故・愛モルモットの名前をスーズと言います。)

 

 

 

と言う感じで、

インコなどの鳥さんやウサギ・モルモットを売っている

ペットショップもありました。

(店内は写真許可もらえなかった・・・)

 

 

 

 

駅の近くに大きめのお寺があるのですが、

境内で宝くじが大売り出し。

 

 

お寺って俗世の欲を捨てないといけないイメージがあったんですが・・・

 

 

 

いいのか・・・?

 

 

 

ご利益的な・・・?

 

 

 

東南アジアに拡がる上座部仏教は

日本で一般的な大乗仏教とはやはり違いますね。

 

 

 

当初の上座部仏教のイメージは

ブッタの教えを敬虔に実践しているものと思っていましたが

 

 

実際に見たものは世間の色々や他の信仰も受け入れ

取り入れているという印象。

 

 

(この印象が正しいのかは別として。)

 

 

 

仏教の発祥の地からすれば日本もタイもある意味で端っこだし

国民性も歴史も違うわけだから

色々と違って当然なんですけどね。

 

 

 

奥深いです。

 

 

 

私は、前にも書いたように

特別な信仰はありませんが

 

 

 

強いて言うなら、仏教の

を克服する”

という考え方には賛同しています。

(気になるひとは”とんじんち 仏教”で調べてみてください。)

 

 

 

だから、私は怒らない。(と思われてる。)

 

 

 

欲張っても怒っても、何も得られないし

知ろうとすることを止めると、

人間的にストップしてしまいそうで怖いので。

(仏教的な”癡”とは意味が違いますが、私は自分なりにこんな感じで解釈しています。)

 

たまに5歳児みたいな

”なんでなんで症候群”

を発症するのでめんどくさがられますが。

 

 

 

だから世界一周しちゃってるんですね!!!

(むりやりまとめに入りましたが!)

 

 

 

こんな感じで放浪しまくっているようですが

意外とのんびり。

 

 

 

1日何かしたら1日PCに向かう日々です。

 

 

 

次はタイ人に人気の水上マーケットのお話。

 

 

境内の一画にて。

 

タイの伝統舞踊の音楽は

とても難しいリズム。

それを上手に奏でていました。

幼い頃から、このリズムが身体に染み付いているんだな〜。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






==スポンサーリンク==

=================


4 thoughts on “線路の上で市場が開かれるという謎。”

  1. おひさしぶりです!

    しどさんの代わりに世界一周してきますんで、ブログたまにのぞいてください♪
    ちなみに、出国以来、週に1〜2回ビールを1本飲むくらいしかしてないんですよ。
    私もやればできるんです!!!笑

  2. ケイトさん

    お久しぶりです!!
    お元気ですか??

    ようやく出発できました!

    毎日おもしろいこととか色々と起きまくってますが、無事に過ごせてます!

    帰国したら会いましょー!!

    (ロビンさんとか、ケイトさんとか、ハタから見るとなんか怪しい会話ですね。笑)

  3. 久しぶり!
    タイもこの後の国も楽しんでね~
    日本で楽しくブログを読んでますんで。

  4. ロビンさんからブログしていると聞きました。ついに世界一周に旅立ったんだね!気をつけて行ってきてねー!ケイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。