皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

NYから

バスで4時間ほどのところにある

ボストンにやってきました。

 

 

 

 

 

ボストンと言えば、

 

 

マサチューセッツ工科大学

(以下 MIT)や

 

 

ハーバード大学がある

天才たちの街!!

 

 

 

 

 

世界一周初期の頃に

ベトナムで出逢った

あの人に逢いに来たのですが、

 

 

おかげでボストンの

意外な歴史も知ることができました。

 

 

 

今回と次回は

そんなボストンでの話。

 

 

 

↓↓NY観光の様子はこちら。

 

綾部さんに逢えるかな?ブロードウェイとタイムズスクエア。NYはこんなとこ。

 

 

さて。

NYの宿を早朝に出発。

メトロでバスセンターへ。

 

 

 

 

 

ネットでGreyhound

バスを予約していました。

 

 

 

 

 

NYとボストン間は

往復24ドル(約¥2660)。

 

 

 

 

 

直前になると高くなるので

4~5日前までに

予約した方が良さそう。

 

 

 

↓↓マンハッタン(NY)のバス停の場所はここ。

 

 

 

 

↓↓ボストンのバス停の場所はここ。

 

 

 

ボストンのバス停に

迎えに来てくれたのがこの人。

 

 

ベトナムのニャチャンで出逢った

Thuyさん。(右)

 

 

 

 

 

衝撃の79才。

 

 

 

 

 

ニャチャンを離れた後も

弟のUtさん(左)と

連絡を取り合っていて、

 

 

NYに来た時は

是非Thuyさんのところへ、

 

 

と言ってくれていました。

 

 

 

↓↓ベトナムにいたときのブログはこちら。

ベトナム縦断・オープンバスの旅。ニャチャンで素敵なおじいちゃん達と出逢った。

 

これから3日間ほど

Thuyさんの自宅でお世話になります。

 

 

 

 

 

シャワーもトイレもある

広い地下室を貸し切りです。

 

 

 

 

 

やっぱりアメリカの家は広い!!

 

 

サンフランシスコは

平屋でだだっ広いかんじでしたが、

ボストンの家は縦方向。

 

 

 

 

 

地下室があったり、

屋根裏があったり。

 

 

 

部屋数が多くて広い、

という感じ。

 

 

昼過ぎに着いて、

お腹が空いただろうということで

辛ラーメンをもらいました!!

 

 

 

 

 

大好き!!

辛ラーメン!!

 

 

他にも、水とか、

お菓子とか、

色々と恵んでくれました(^^)

 

 

 

 

 

暖かみのある

懐かしい東南アジアの雰囲気に

ほっこり。

 

 

翌日は早速MITへ!!

 

 

 

と、その前に朝食。

 

 

近くのバーガーキングへ。

 

 

 

79才にして

朝からバーガーキングの

常連という・・・

 

 

 

すごいな・・・

 

 

日本のバーガーキングにすら

行ったことがなくて知らないのですが、

 

アメリカはコップをもらって、

自分で好きなジュースを

注ぐスタイルらしいです。

 

 

 

これは日本は違うのかな・・・?

 

 

ちなみに、

フリーケチャップ。

 

 

腹ごしらえをして、

ちょっと寄り道をし、

 

 

電車で30分ほどのところにある

MITへ。

 

 

雨が激しくなったので、

COOP MITなる

MITグッズ売り場へ。

 

 

 

 

 

 

MITトレーナーに

MITキャップ、

 

MITとアンダーアーマーの

コラボ商品まで。

 

 

 

 

 

誰が買うねん。

 

 

 

 

 

 

 

と思っちゃうお店で、

おみやげを買っている私。(笑)

 

 

 

 

 

こういう人が買うんですね。(笑)

 

 

ちょっと雨が小降りになった

タイミングで構内へ。

 

 

広いけど、わりとふつー・・・?

 

 

スタバも入っている

学生食堂(というか、カフェ)で

量り売りのランチ。

 

 

存外、野菜メニューも多くて

味もあっさりしていて、

健康的なメニューでした。

 

 

(医療系の棟だったからかな?)

 

 

周りを見ると、

全員が天才に見えます。

 

 

 

 

 

わりとインド系、

中国系の人が多いですね。

 

 

 

 

 

さすが天才産出国。

 

 

共有スペースは

誰でも入れるおしゃれな空間。

 

 

 

 

 

さすがに、研究棟などは

入れませんでしたが・・・

 

 

 

 

 

 

電子顕微鏡や

蛍光染色で見た細胞等々の

写真が引き伸ばされて

壁に展示してありました。

 

 

 

 

 

なんとなく、

大学時代を思い出します。

 

 

壁の年表に偉人たちの名前が。

 

 

 

日本人の名前もありました。

 

 

他の研究棟のロビーには

大量の折り鶴。

 

 

 

 

 

アメリカでこれが見れる

というのも、

不思議な気もします。

 

 

 

 

 

原爆と禎子さんと

折り鶴の話を知っているアメリカ人は

どのくらいいるんでしょうね。

 

 

 

(むしろ、日本人でもあまり知られていないのかな・・・)

 

 

この日の夕食は

Thuyさんと娘さんと一緒に

中華系のバイキングへ。

 

 

バイキングもアメリカンサイズ!!!

 

 

広すぎて選べない!!!

 

 

 

 

海鮮メニューも充実してるし、

お寿司もありました!!

 

 

 

 

 

お寿司は、シャリも魚も

日本に比べると全然ですが、

 

 

それでも

生魚を食べられるのは嬉しい!!

 

 

 

 

幸せ~~~(^^)

 

 

でも、

この日は夕方から停電。

 

 

 

 

 

復旧まで8時間くらいかかって、

地下室でロウソク生活でした。

 

 

 

 

 

これぞ、アメリカ。

 

 

 

なのかな・・・?(笑)

 

 

翌日はハーバード大学へ。

 

 

まさかの、

近くにラーメン山頭火が!!

 

 

 

需要あるんだ・・・

 

 

 

天才たちもラーメン食べるのかな・・・

 

 

門をくぐって敷地内へ。

 

 

入ってすぐのところに

カフェがあったので、

ここでちょっと休憩。

 

 

カフェの中には

学生さんとおぼしき人たちが

たくさんいました。

 

 

 

 

 

天才たちのほとんどは

Macbookを使っていました。

 

 

 

 

 

仲間。(笑)

 

 

敷地内をテクテク。

 

 

 

 

 

私たちと同じ

観光客ぽい人たちが

写真撮影していました。

 

 

 

 

誰か分からないけど、

足がこすれていたので、

 

 

足を触れば

天才になれるんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

今更ですかね。

 

 

MITはわりと

無機質な建物が多くて、

なんとなくアメリカっぽい感じでしたが

 

 

 

ハーバードは

れんが造りの古い建物が多く、

 

 

イギリスで見たことあるような

古風な雰囲気。

 

 

 

 

こちらはそんなに古く無さそうな建物。

 

 

憩いの場。

 

 

 

 

 

結局、

天才たちに混ざってみても

天才にはなれないんですね。

 

 

 

 

 

そりゃそうですよね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

天才、天才と言っていますが、

努力の天才も

たくさんいるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

私も、もっとがんばらねば。

 

 

 

 

 

怠けてばかりいたら

いかん!!!

 

 

 

 

 

そんな刺激を受けた

大学見学でした。

 

 

 

 

 

次回は

ボストンのベトナム人コミュニティに

参加した時の話。

 

 

 

ボストンに多いんです、

ベトナム人。

 


 

↓↓応援スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


“【ボストン観光】ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学に行ってみた。” への2件のコメント

  1. >jiji-shiさん。

    ベトナムのThuyさんについては次のブログで書きました。
    戦争経験者ということで、色々なことを教えてもらいました。

    そうですね。多様性。
    私のような人間でも生きやすい世の中になりますように・・・

    と言っても、順応能力はそれなりにあるはずなので、日本でも暮らしていけるとは思いますが・・・

    メール確認しました。
    ありがとうございます!

  2. ベトナムの79歳凄い。どういう人間なのだろう?いろんな行き方があっていい。これからの日本は多様さを認め合う国にならないと繁栄のないつまらない国になってしまうと思う。
    そういえば、連絡先をコンタクトメールにおくりましたがみましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。