約2週間滞在した

トルコを離れ、

 

 

イスタンブールから

ブルガリアの

Burgas(ブルガス)

を目指します。

 

 

 

 

 

移動手段はバス!!

 

 

 

 

 

ブルガスは黒海沿いの街。

 

 

 

世界遺産である

Nesebar(ネセバル)

に近いじゃん!

 

 

 

ということ以外、

 

 

ブルガスに関しては

何も情報を知りませんでしたが、

 

 

とりあえず

行ってみることにしました!!

 

 

 

目次

ブルガス行きのチケットを買う

トルコ→ブルガリア国境

まとめ。

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

水が硬水だと

蛇口周りが

白くなったりするんですよね。

 

 

 

 

 

キッチンも、

シャワーも、

食器も。

 

 

 

 

 

洗ったのに白い・・・

 

 

 

 

 

洗濯物もゴワゴワする・・・

 

 

 

 

 

お腹もゆるくなる・・・

 

 

 

 

 

 

 

以前、

 

 

硬水地域の国の人に

”激落ち君”を渡したら

ものすごい喜ばれた

 

 

という

テレビ番組を見ました。

 

 

 

 

 

”激落ち君で掃除して廻るよ♪”

 

 

 

という仕事とか、

案外儲かるんじゃないかな・・・

 

 

 

 

 

と、訳の分からんことを

考えてしまうくらい

 

 

金欠に拍車がかかっている

今日この頃。

 

 

 

 

 

ヨーロッパの宿には

たいがい、

共用キッチンがあるので

 

 

ごはんに関しては

助かっておりますが・・・

  

 

さてさて。

 

 

 

居心地の良かったトルコを

離れる時が

やってきてしまいました・・・

 

 

 

 

 

次に向かうは

ブルガリアのブルガス。

 

 

 

 

 

イスタンブールのバスセンターからは

3社がブルガス行きバスを

取り扱っているとのこと。

 

 

 

※トルコにも”ブルガス”に似た発音の場所があるようです。”ブルガリア・ブルガス”と伝えないと、国内バスを案内されてしまう可能性があります!!

 

 

 

大手のMETROが

朝と夜の2本。

(97リラ。約¥3000)

 

 

 

 

 

medineという会社が

仲介しているのが

 

朝夜の2本と

15:30の便。

(100リラ)

 

 

 

 

 

あともうひとつは

会社名を聞き取れませんでした・・・

ただ、どこもほぼ同じ価格らしい。

 

 

聞いて廻った限りでは、

 

 

METROや他の仲介会社だと

遠回りになって

7〜14時間かかる・・・

 

 

 

 

 

「medineの15:30は

ダイレクト便だから

5〜6時間だよ!」

 

 

 

とのことで

こちらの会社に頼むことに。

 

 

ちなみに店番号は93です。

 

 

 

 

 

この窓口のおいちゃんと

仲良くなって、

 

 

本当はキャッシュのみなのに

 

「現金ない」

 

って言ったら

 

 

裏技でクレジットで切ってくれたし。

 

 

 

 

 

「あんた最高だぜ、いえ〜!」

 

 

 

みたいな感じで

仲良くなったんですが・・・

 

 

 

 

 

最高ではなかった・・・

 

 

 

 

 

正直、

あまりお勧めできません・・・

 

 

 

 

 

 

 

というのも、

 

 

 

当日、

バスセンターに行ってみると

 

 

 

 

 

バスがない!!!

 

 

 

 

 

カウンターの人が英語が通じず

定かではありませんが、

 

 

人数の問題?で

キャンセルになったぽい・・・

 

 

 

 

 

結局、

次の19時発のバスに

振替になりました。

 

 

早めにバスセンターに着いちゃったし、

5時間くらいあるよ・・・

 

 

 

どうしよう・・・

 

 

 

 

 

ということで

とりあえず海へ。

 

 

そこで素敵な出逢いが

たくさんあったので、

 

 

バスがキャンセルになっても

結果オーライではありました・・・

 

 

ドヤ顔のおいちゃん。

 

 

突然声をかけられて

ピクニックに参加。

 

 

 

私の肩をバンバン叩いて、

 

笑って、

 

しゃべって、

 

ハグが止まらない。

 

 

トルコの家庭料理は最高。

 

 

 

↓↓このへんの話は前回のブログを参照。

女性目線で見る。トルコの治安って実際どうなの??現地民と触れ合いまくった記録。(2017年版)

 

 

とまあ、

退屈することも無く

 

 

バスの時間が迫って来たので

バスセンターへ。

 

 

 

 

 

今回は

イスタンブールの

一番大きなバスセンターではなく、

 

 

街に近い方の

中規模バスセンターから

出発するらしい・・・

 

 

 

↓↓バスセンターの場所はここ。

 

 

「19時にバスセンター」

 

 

 

と、

 

 

言葉が通じない代わりに

紙に書いてもらって確認した上に、

 

 

 

なんだか不安だから

もう1回、時計を見せて

確認していたのですが・・・

 

 

 

 

 

18:30に

バスセンターに着いた時には

 

 

 

「あなたを待っていたのよ!!」

 

 

 

みたいな感じで

皆さん準備万端。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ・・・?

 

 

 

 

 

カウンターのおばちゃん、

時間、

間違えて教えたやつだよね

これ・・・

 

 

 

 

 

と思ったのですが、

 

 

なんでかおばちゃんも

ちょっとプリプリしている・・・

 

 

 

 

 

 

私が間違えたのか・・・?

 

 

 

時計、

1時間ずれてたのかな・・・

 

 

 

 

 

よく分からないまま

乗り込んでみると、

 

 

今度は

 

 

 

 

 

 

 

席が無い!!!

 

 

 

 

 

というか、

席はあるんですけど、

 

 

隣のおばちゃんが

 

 

 

引っ越しですか???

 

 

 

というくらいの荷物を

私の座席と

足元に置いている・・・

 

 

 

 

 

 

 

いや、これ、

貨物入れに預けようよ・・・

 

 

 

 

 

と思って

たじろいでいたのですが、

 

 

こちらをじろっと見るだけで

動く気配無し。

 

 

 

 

 

ダメだ。

完全に気圧された・・・(泣)

 

 

 

 

 

きっとこの人、

トルコ人じゃない・・・(泣)

 

 

 

 

 

 

 

奥に空いている席があったので

添乗員さんに聞いて

座らせてもらうことに。

 

 

 

 

 

バスはほぼ満席。

 

 

 

 

 

これ、昼の便も

出せたんでないか・・・?

 

 

途中で休憩を挟みながらの

6時間の道のり。

 

 

 

 

 

途中の出入国検査のときは

他の乗客の流れに乗れば

大丈夫ですが、

 

 

一応まとめておきます。

 

 

 

※国境付近は撮影禁止なので文字のみです。

 

 

 

トルコ→ブルガリア国境

 

1.バスを降りて出国スタンプをもらう。

 

 

2.審査会場を過ぎたら、ちょっと先まで歩いてバスが来るまで待つ。

 

 

3.バスに乗って国境越え。

 

 

4.入国審査会場に着いたら、再びバスを降りて全ての荷物がチェックされる。(カバンの中身が見えるようにする。)

 

 

5.入国スタンプをもらう。

 

 

6.バスに乗って国境越え完了!

 

 

 

※わりかし時間がかかるので、夏場以外はバスの外に出るときは暖かいかっこうで!

 

 

 

途中のバスの休憩所といい、

国境といい、

 

 

夜中でも働いてるんだな〜・・・

 

 

 

大変だ・・・

 

 

ブルガスに着いたのは

夜中の1時頃。

 

 

 

 

 

降ろされたのは

期待していたバスセンターではなく

 

 

予約していた中心地のホテルから

大分遠いところ・・・

 

 

 

↓↓このへん。

 

 

真夜中に

30分くらい歩くという

 

 

一番避けたい自体に

なってしまいましたが、

 

 

ブルガスの街は

存外、平和でした。

 

 

 

まとめ。

 

イスタンブールから

ブルガリアのブルガスに行きたい方は

 

METROの朝の便

が良さそうです

 

 

 

 

 

経由地によっては

10時間くらいかかるらしいので、

到着時間とも要相談。

 

 

 

 

条件が合わなそうなら

medineの朝便。

 

 

深夜2時くらいに宿に着いた時、

 

 

同室の人に迷惑かかる・・・

 

 

と思って

焦っていたのですが、

まだ起きていました。

 

 

 

(宿の人には事前に到着時間を連絡してたので起きてくれてた。)

 

 

 

 

 

 

その同室の人というのが

このフレドリック。

 

 

 

 

 

見上げると

首が痛くなるサイズの

ノルウェー人。

 

 

 

 

 

この旅中毒者フレドリックに出逢ってから、

 

 

私の東欧旅は

少しずつズレ始めるのであった・・・(笑)

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


“いよいよブルガリア入り!イスタンブールからブルガスへバス移動。” への2件のコメント

  1. >あきこさん。

    フレドリック、いいヤツですよ!!
    ブルガリアを離れた今も、東欧旅情報など色々と教えてくれています。
    日本には来たことないらしいので、
    代わりに、本物の寿司について語ったりしています。(笑)

  2. フレドリック絶対いい奴ー
    いい顔してるっ(^∇^)ノ
    この先が楽しみーー♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。