世界一退屈な街・ドーハを

しっかりのんびり

満喫した5日間。

 

 

 

今日は滞在4日目のお話

 

 

 

 

 

ラクダ市場に行ったときの

の様子と

 

 

 

ドーハでの

バスの乗り方について

お伝えします。

 

 

 

(前回のブログはこちら。)

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

ドーハに

メントスの

チョコレート味が売っていたので

買ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メントスを

チョコレートにした

味がしました。(笑)←

 

 

 

 

 

ちなみに¥80くらい。

 

 

 

 

 

日本では

ガーナ以外のお菓子を

あまり食べなくて

知らないのですが、

 

 

これって

日本にもあるんですかね・・・?

 

 

さて、

ドーハ滞在4日目。

 

 

 

 

 

昼から、郊外にある

 

”ラクダ市場”

 

に向かいます。

 

 

 

 

 

ドーハの地図を眺めていた時、

 

 

たまたま見つけた

 

“Camel Market”

 

の文字。

 

 

 

 

 

 

 

ラクダ市場って

なんやねん・・・

 

 

 

 

 

そう思ってしまったら

 

 

 

もう、

行かないわけにはいかない。

 

 

 

↓↓Camel Marketの場所はここ。

 

 

行き方が分からないので

宿のフロントで聞いてみると、

 

 

 

 

 

「タクシーだね。」

 

 

 

「高くないよ。片道¥3~4000くらいだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

もーいいです。

 

 

 

 

 

カタールの金銭感覚は

私には合わない。

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

宿の近くの

バスセンターへ。

 

 

 

↓↓バスセンターの場所はここ。

 

 

 

泊まっていた宿

 

”Doha Dynasty Hotel”

 

のすぐ近く。

 

 

 

 

 

ドーハではまだましな

¥3000くらいで

泊まれたホテル。

 

 

 

 

 

ちなみに私は

予約サイト

Hotels.comの特典で

 

 

トータル¥1200くらい

安くできました。

 

 

旅行好きな方は

Hotels.comもオススメです。

 

 

(国内ホテルもあります。)

 

 

バスセンターの

チケットオフィスで

 

24時間乗り放題チケットを

購入。

 

 

 

 

 

ここで

バスの番号を聞いて

待ちます。

 

 

 

 

 

チケットは

24時間乗り放題で

約¥600。

 

 

 

 

 

空港や市場などへの

片道の基本料金が

¥300なので、

 

 

市場往復

 +

翌日の空港への交通費

 

 

を考えると、

24時間チケットがお得。

 

 

乗る時にカードを

この機械にピッ!とします。

 

 

 

 

 

約20分おきに来る

21番バスに乗り、

 

 

“Fish Market”で降りて

5分くらい歩いたところです。

 

 

 

↓↓降りるバス停の場所はここ。

 

 

運転手さんに

あらかじめ伝えておいたら

 

 

降りるところで

教えてくれました。

 

 

 

※ちなみに、私は「こっちの方が近そう。」と思って

fish marketからちょっと通り過ぎたところで

降りてしまったんですが、

道路の分離帯にフェンスがあって越えられなかったので、

fish marketのバス停で降りてください。

 

 

 

※WiFiのないところでの地図の見方は

こちらの記事の後半へ。

 

 

わりと何もないところを

歩いて行くと

なんとなし獣臭がしてきます。

 

 

 

 

第1ラクダ発見!!!

 

 

 

 

 

駐車場ぽいところに

つながれています。

 

 

 

 

 

そこから入って行くと

 

 

 

いるわいるわ。

 

 

 

 

 

 

らくだらくだ。

 

 

 

 

 

【ここで女性の皆さんに注意喚起。】

 

親しげに話しかけて来た

お兄さんが2人ほどいたんですが、

 

 

この人らがとてつもなく、

しつこい!!!

 

 

「ラクダのベイビー見たい?」

 

 

と言って

子供のいる柵を

教えてくれたりするんですが、

 

 

ついでにスキンシップを

過剰に求めて来ます。

 

 

大体のことは笑って流せる

自信があるんですが、

そんな私でもさすがにキレました。

 

 

あれは気持ち悪かった・・・

 

 

キレたらどっか行ったんですけど、

特に女性でこの市場に行きたい人は

気をつけてください。

 

 

ドーハの街中だと

あまりなかったんですが、

 

市場の外でも

 

「車で送ってあげるよ。」

 

「携帯の番号教えて。」

 

などなど、

しょっちゅう声をかけられました。

 

 

全のためにと、

ただでさえ少ない(もはや無い)

泣けなしの女らしさを

さらに削って日本を出て来たのに・・・

 

 

こんなんでも女に見えるんだ~。

へえ~~~。

 

 

と驚くくらい、

インドとカタールでは

髪型とか格好とか

あまり関係ないらしいです。

 

 

無理なことはしてこないけど、

それでも嫌なものは嫌。

 

 

さて、

話をラクダに戻します。

 

 

 

だだっ広い敷地に

たくさんの柵があって

 

 

そこに

たくさんのラクダがいます。

 

 

 

 

 

むしろ

柵から出ている

ラクダもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

種類もいろいろで

 

毛がつるっつるのラクダや

ふさふさのラクダ、

 

こどもラクダもいました。

 

 

ラクダの搬入にも遭遇。

 

 

 

 

 

足をしばって

立てないようにして

クレーン車で運ばれてきました。

 

 

 

 

 

しつこく声をかけてきた

にーさんも

このときばかりは

働いていました。

 

 

たくさんの人に囲まれて

不安げに鳴いて

立とうとしますが、

 

 

縄が邪魔で立てなくて・・・

 

 

 

 

 

それを

ずっと繰り返していました。

 

 

 

 

 

縄がほどかれたら

すぐに立って檻の中へ。

 

 

 

 

 

街中は整備されていて

金持ちたちは車生活ですが、

 

 

中東自体が

街を外れると砂漠だらけ。

 

 

 

 

 

ラクダは貴重な移動手段に

なっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

今の中東には

カタールと

国交を断絶している国が

多いですが、

 

 

場所としては海に面していて

 

 

各種の貿易にも

適していそうです。

 

 

 

 

 

そういえば、

バス停であったカメルーン人が

 

 

電気機器の貿易拠点として

カタールで働いている

 

 

と言っていました。

 

 

 

 

 

なんと、

 

人口の85%以上

外国人労働者のカタール。

 

 

 

 

 

街中には”ザ・中東”な

真っ白い衣装の人が多いですが、

 

 

↓↓あまり、人の写真を撮れてないので

こちらのサイトを参考にしてください。

https://matome.naver.jp/odai/2142972658204629601

 

 

 

インド系や東南アジア系の

外国人もよく見かけます。

 

 

また、

話が逸れましたが・・・(笑)

 

 

 

 

 

ラクダ市場には

他の動物たちも

たくさんいました。

 

 

初めて見る

ヤギや羊さんたち。

 

 

ロングへアー。

 

 

ツノが立派。

 

 

ナポレオン系。

 

 

牛さんも。

 

 

 

 

 

写真を撮りながら歩いていると

 

 

 

ヒマそうに座ってる皆さんが

気さくにあいさつしてくれます。

 

 

 

 

 

仕事、ないのかな・・・

 

 

 

 

 

そんなわけで

一通り見終わったら

街中へ戻ります。

 

 

↓↓帰りのバス停はここが最寄り。

 

 

同じく21番バス

 

 

↓↓ドーハのバス路線図はこちらのサイトへ。

http://www.mowasalat.com/Portals/0/Images/Map/20170323_1354_A0_Doha_Bus_Map.pdf?ver=2017-07-12-085658-943

地図の真ん中から左下よりに

“Fish Market”があります。

 

 

 

 

 

街に戻ったら

次は

市場”スークワーキフ”を通り抜けて

グランドモスクへ!!

 

 

 

つづく。

 

【更新しました。】

Children&People in Myanmar

を更新しました。

今年の6〜7月に

ミャンマーに滞在したときの写真です。

ミャンマー人の

朗らかな笑顔に癒されました。

緊急帰国したりで

ブログには載せられずにいますが・・・

 

 

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。