バラナシで最高(たぶん)な宿

 

”RUDRA Guest House”!!

 

 

 

 

 

もう、

 

めちゃくちゃお世話になったので

是非とも紹介させてください。

 

 

 

 

 

今まで泊まった宿の中で

ベストホスピタリティ!!

 

 

皆さんこんにちは。

あにとらです。

 

 

 

 

 

ベルタースオリジナルと

ミルキーの間みたいな飴を

舐めていたら

 

 

 

 

 

銀歯が取れてしまいました。

 

 

 

 

 

ということで

せっかくなので(?)

 

 

 

 

 

ガンジス川に流して来ました。

 

 

 

 

 

ガンガーの奇跡で

歯、

再生することを願って・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は

バラナシでお世話になった

”ルドラゲストハウス”

(RUDRA Guest House)

について。

 

 

 

 

 

コルカタで逢ったヨシノさんが

その前まで

バラナシに滞在していたとのことで、

 

 

 

「バラナシの宿でオススメありますか??」

 

 

 

と聞いたら、

 

 

 

 

 

即答で

 

 

 

「ルドラ!!」

 

 

 

と教えてくれました。

 

 

 

 

 

なんでも、

 

ヨシノさんは

予約していた別の宿に

泊まっていたらしいのですが、

 

 

 

居心地のいいルドラに

毎日通っていたらしい。

 

 

 

↓↓場所はここ。

 

と、Google Mapではなっていますが、

微妙に違います。

でも、このへんに行けば

看板が出ています。

 

 

メインガートに続く道の突き当たりを

ガンジス川方面ではなく、

右の狭い方の道に入ります。

 

 

看板が出ているので

それを目印に。

 

 

すぐ突き当たるのでそこを左。

 

 

 

 

ちょっと進むと右に

 

”ルドラゲストハウス”と

 

矢印が出ているので

その狭い路地を入って行きます。

 

 

↑同じ場所↓

 

 

通りからの出入口のところは

お店が出てたり出てなかったりします。

 

 

たまに牛もいます。

 

 

初めてだと

 

 

「え!?ここでいいの!?」

 

 

という感じがしますが、

 

 

 

バラナシは

この入り組んだ狭い路地歩きも

楽しみのひとつらしいです。

 

 

 

 

そのまま突き当たりまで進むと、

左手に扉が見えて来ます。

 

 

 

 

 

つまり、

 

ガンジス川までの

アクセスも抜群ということ!

 

 

この方が、

宿主のサンちゃんです。

 

 

 

 

 

日本語ペラペラ。

 

 

 

 

 

私が着いたのは

早朝だったのですが、

 

 

有り難いことに

チェックインさせてくれました。

 

 

 

 

 

6時間半遅れの電車に乗って、

駅のベンチで夜を明かし、

 

 

おまわりさんに

棒で起こされてしまって

 

 

狼狽していた身としては

この時点で感動もんです・・・

 

 

 

 

 

○ドミトリールームは

7つベッドと

扇風機とインド風のクーラー。

 

 

(写真撮り忘れました。すみません・・・)

 

 

 

 

 

○シャワーもお湯が出る!!!

 

(2週間ぶりのホットシャワー!!泣)

 

 

 

 

 

○部屋は毎日掃除してくれて清潔。

 

 

 

 

 

○昼間はちょっと暑いですが、

九州出身の私的には問題無し。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

私が泊まった時は

ミックスドミトリーで

 

 

1泊300ルピー

(約¥500)だったのですが、

 

 

値段は変わるかもしれないので

都度確認してください。

 

 

 

 

(エアコン付きの個室もあるみたいです。)

 

 

 

 

 

○そしてなんと、水もタダ!!!

 

 

 

これは本当に助かりまくりの

まくりまくりです!!

 

 

 

 

 

バラナシの夏は暑いし、

水がすぐ無くなる。

 

 

 

 

 

けど、水ってチリツモで

毎回買ってるとそれなりに負担・・・

 

 

 

 

 

すごい浄水器があるから

フリーらしいんです。

 

 

 

(もちろん、お腹壊したりしないのでご安心を!)

 

 

屋上もあります。

 

 

 

風が通って快適。

 

 

 

 

 

よくここで

ハンモックに揺られながら

うとうとしていました。

 

 

 

 

 

さらにさらに、

 

 

 

ここで食べる

ごはんがすんごくおいしい!!!

 

 

”お母さんターリー”

 

 

 

3種類のカレー

(”カレー”というか、スパイス料理で全て違う味!)と

 

 

 

チャパティとライス。

 

 

 

しかも、

おかわり自由(^^)

 

 

 

 

 

滞在中は毎日、食べてました。

 

 

 

 

さらに上に登ると、

ガンジス川が見えます!!!

 

 

バラナシの

朝日も夕日も見れちゃう!!!

 

 

 

 

 

ここで、

朝日を見ながら座禅したり。

 

 

ついでに

 

猿も見れちゃう!!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くでケンカしてる(?)

他のお猿グループを

 

 

一斉に

 

じーーーっと

 

見てる姿がかわいかった。

 

 

 

 

 

でも

日本人は舐められてる(笑)らしいので

注意が必要。

 

 

 

 

 

でも、この宿で

何が一番良かったって、

 

 

 

やっぱり

ホスピタリティですね!!!

 

 

 

 

 

女将さんのAkikoさんや

旦那さんのサンちゃんが

 

 

朝ご飯に誘ってくれたり、

(バタートーストとチャイがおいしい!)

 

 

 

ラッシーや

屋台のおいしいところに

連れて行ってくれたり、

 

 

 

ガンジス川を見ながら

一緒にお茶したり、

 

 

 

電車のチケットの手配を

手伝ってくれたり、

 

 

 

私が既に持ってる航空券の

日付変更(電話のヒンディー語がわからなくて・・・)

苦戦していたところを

助けてくれたり。

 

 

 

(おかげで無事日付変更できて、¥2万くらい節約できることに!!)

 

 

 

 

 

 

 

もう、なんと言っていいか、

 

 

 

恩しかないです!!!

 

 

 

 

 

オススメする理由しか

見当たらない!!!

 

 

 

 

 

 

Akikoさんもサンちゃんは

おちゃめで優しいし、

 

 

スタッフのアジャイ(右)も

慣れると人懐こくて、

 

 

言葉は通じないけど

よく相手してくれてました(^^)

 

 

 

 

 

またバラナシに行くことがあったら

泊まりたいな~・・・

 

 

 

 

 

というか、

 

世界中にルドラがあればいいのに。(笑)

 

 

 

 

 

皆さんも、バラナシにお越しの際は

是非ルドラゲストハウスへ!!!

 

 

↑↑RUDRAの”R”らしい。

わかりづらっ!!!(笑)

 

 

 

 

 

※インドは停電が多く、

ネット環境が安定しないため

AgodaやBooking.comなどの

ホテル予約サイトに載ってない宿も多いです。

 

 

宿に直接行ったり、

インドのSIMカードを持ってるなら

¥5くらいで電話できるらしいので、

電話で確認してみるのがいいかと思います!

上のリンクのfacebookページからでも連絡できるかも・・・?

(ルドラは日本語OK!)

 

 

【旅の持ち物紹介】

 

 

[キャビンゼロ] CZ08 CLASSIC 28L キャビンゼロ08 クラシック 28リッター CZ08 CLASSIC 28L BLACK BLACK

 

スリ・強盗・宿にロッカーが無いとき。

あらゆる場面で大活躍している

”ポテチ開け防止チャック”付きの

キャビンゼロのカバン。

これを使っているおかげで

この長い世界一周の間、

一度も犯罪に遭っていないのだろう

と思っています。

本気でオススメ!!

 

↓↓詳しくはこちらへ。

バックパッカーにキャビンゼロ(Cabin Zero)がおすすめな理由。

【世界一周の持ち物】全て公開!これさえ見てれば全てそろう!!

 

 

 


 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ポチッと押してもらえると

ブログランキングが上がっていくので

とっても励みになります!!

ブログ村のサイトにジャンプしますが

無害なサイトです!(笑)

私のサイトのランキングアップを

応援してもらえると嬉しいです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。