アンコールワットのある街

カンボジアのシェムリアップ。

 

 

私が予約した宿”Dormpoint Hostel“は

中心地からは少し離れていて

 

16人ドミトリー(この部屋に泊まってます。)

4人部屋が4つという

そんなに大きくないゲストハウスです。

 

 

とてもアットホームな雰囲気。

屋内はとてもキレイで、掃除も行き届いています。

 

 

スタッフさんはとても親切。

 

 

 

お掃除の人も、オーナーさんも

スタッフ全員で夕食を食べるのですが、

宿泊者も誘ってくれます。

 

 

一緒にBBQしたり、

ビールはジョッキで$0.5(約¥50!!)だし、

か〜わいいわんこもいるし、

 

 

いっそここに住み着きたいくらい心地いいです。

(もはやシャワー&トイレが屋外で

虫が出入り自由なのも気にならない。笑)

 

 

蚊帳を手に入れたので、

寝ている間に蚊に刺される心配もなし!!!

 

 

万が一刺されても、

タイで手に入れたこの虫さされの薬が

 

あまりによく効くので怖くない!!!

 

 

これ、植物から抽出した成分とメンソールだけなのに

とっても効くんです!!!

 

 

東南アジアの薬草の豊富さに驚かされました・・・

日本では売ってないのが残念・・・

 

 

ちなみに猫&うさぎカフェらしきものが近くにあります。

 

 

 

ところで、

 

蚊帳ってカンボジアにあるの!?

 

 

と思うかもしれませんが、

 

現地民から言わせると

 

「持ってないの!?」

 

というくらい当たり前のグッズのようです。

 

 

というわけで、

その蚊帳を一緒に探してくれた

カンボジアの親切な女の子の話。

 

 

カンボジアに入国する前、

カンボジアについて調べていたら

 

詐欺だの、賄賂だの、ぼったくりだの、

誰を信じて良いか分からない内容ばかり。

 

 

 

なので、

実際に行ったことのある人に

カンボジア滞在がどうだったか聞いてみることにしました。

 

 

 

以前、同じ職場だった優しいお兄さんが、

Facebookでアンコールワットを写真の背景にしていたのを思い出して、

 

 

 

この人だ!!!

 

 

 

と思い、早速連絡。(単純。)

 

 

 

すると、詐欺系の怖い体験談と共に、

 

「カンボジア人の知り合いで、

すごくいい人がいるから紹介してあげるよ。」

 

とのこと。

 

 

 

なんたる幸運!!!

 

 

 

というか、やっぱりお兄さんいい人!!!

 

 

 

ということで、

カンボジア2日目。

 

 

 

紹介してもらった”さくらちゃん”という子に会いに行くことにしました。

 

 

 

シェムリアップの繁華街、

オールドタウンのおみやげ屋さんで働くさくらちゃん。

 

 

 

といってもお店がたくさんありすぎて

入り組んでいるし、全くもってわからん!!

 

 

 

そのへんのお店の人に写真を見せて

 

「この子を探しているんだけど」

 

というと、お店を指差して教えてくれました。

 

 

 

で、お店に行っても誰もおらず。

 

 

 

キョロキョロしていると

 

「誰かさがしてるの?」

 

と日本語で声をかけてくれたのが、

さくらちゃんでした。

 

 

 

本当に日本語ぺらぺら。

 

普通に会話できます。

 

 

 

でもこの日本語、学校では習っておらず、

独学で身に付けたとのこと。

 

 

 

Facebookなどを通じて

日本語を教えてもらったり

漢字ドリルをやったり。

 

 

ドリルの分からないところを教えたり。

けっこうレベルの高いドリルでした。

 

彼女は小学校5年生までしか学校に行っておらず

14才から一人で身を立てて働いているそうですが

 

そんな中でも

大好きという日本語の勉強を怠りません。

 

 

 

「カンボジアでは勉強せずに、

ただ食べて働いている人のことを

”牛”って呼ぶんだよ。」

 

と教えてくれました。

 

 

 

でも”牛”は、”よく働く”という意味で、

完全に悪い意味ではないらしいです。

 

 

 

で、オールドマーケットの中を案内してくれたり、

他愛のないことも色々とおしゃべりしたり。

 

 

オールドマーケットの中は、歩き進めると

地元民で溢れ、活気のある食堂や市場、

生活用品店などが並んでいます。

 

 

”おやつ”と言って、

野菜のフライや揚げパンをたくさん買うさくらちゃん。

 

 

わけてもらったのですが、これがおいしい!

 

 

チリソースは辛みを自分で調整できるように

2種類を混ぜて付けます。

油がしつこくなくて、ぱくぱくいけちゃいます。

 

 

さくらちゃんは快活でおしゃべりが好きで、

話し上手で聞き上手な、とってもいいこ。

 

 

 

スマホでドラマや音楽を検索したり

ネイルケアをしてくれたり、

かわいらしい女の子です。

 

 

 

ちなみに、店番の時間はかなり長いけど、

そんなにストイックではなく

 

お店でおしゃべりしたり、スマホいじったり、

ごはんを食べたりとかはできるみたいです。

 

 

 

そんなこんなおしゃべりしていたら、

日本人のおいちゃんがお店の前でキョロキョロ。

 

 

 

すかさずさくらちゃんが

 

「おみやげあるよー。

ばらまきみやげにどうですかー?」

 

と流暢な日本語で声をかけます。

 

 

 

すると、そのおいちゃん、

 

「みやげは買えないんだけど、

さくらちゃんって子を探してるんだよね。」

 

とのこと。

 

 

 

ビックリです。

 

 

 

このおいちゃんも

カンボジアフリークな知り合いに

さくらちゃんを紹介してもらったらしいです。

 

 

 

実は有名人みたい!!!

 

 

 

で、また3人で話ははずみ、

そのうちにおいちゃんは帰って行きました。

 

 

 

2日連続さくらちゃんのお店に立ち寄って

おしゃべりしていたのですが、

(日本なら完全に迷惑)

 

翌日が久しぶりの休みということで

(普段、週休などはなく、本当に休みなく働いているみたいです・・・)

 

アンコールワットに誘ってくれました。

 

 

 

さくらちゃん曰く、

アンコールワットも”遊びに行く”ところらしいです。

 

 

 

現地民らしいですね。

 

 

 

で、知り合いの優しいトゥクトゥクのお兄さんを紹介してもらい、

さくらちゃんの友達のDalisちゃんも含めて

4人でアンコールワットに行くことになりました。

 

 

左から、Dalisiちゃん、さくらちゃん、私。

 

がしかし、

この日の夜から私のお腹に不穏な痛みが現れてくるのです・・・

 

↓↓やる気スイッチ。

1日1回ぽちっと押してもらえると

励みになります!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。