==スポンサーリンク==

=================

今日からブログお引っ越しです。

 

出発前の動物旅行記〜出発前後も興味がある方は

こちらのブログをご覧ください!

 

本サイトは独学で初めて自分で作ったものなので

右も左も、状態です。

 

何か不具合があればお知らせください!!

(直せるかはわかりませんが善処します・・・)

 

 

さて、タイでの滞在は7日目を迎えました。

 

あと10日ほどタイに滞在して

カンボジアへ向かおうか、どうしようか・・・

と考え中です。

 

私の泊まっている宿は

観光地カオサンロードの最寄りにあって

1泊¥450くらいのやっっすいドミトリー。

 

 

 

私が日本でホテルを探すときにも

よく使うHotels.comExpediaBooking.comを使い

サイトの会員価格(らしい)で泊まれています。

 

今朝

「あと9泊したい。」

==スポンサーリンク==

=================

って受付の兄ちゃんに言ったら

 

「too much」

って言われた。

 

お客様は神様ではないらしい。

 

でも、予約okもらったので無事滞在を継続できます。

 

冒頭の写真は先日、タイ王宮を訪れたときのもの。

真ん中らへんでガッツポーズしているのが私。まるで少年。

 

タイトルにもあるように

たまたま話しかけた日本人旅行者の人と

近場の観光地へ行ってみました。

 

最初の1週間は慣れるために

観光の予定はあまり入れない予定でしたが

 

思いのほか早く生活に慣れたのと

ぶっちゃけ喧噪の街に飽きて来たので

 

「なにかおもしろいことないかな〜」

 

と思っていた矢先でした。

 

宿の前の屋台でパッタイを注文し

イスに座って待っていたら

 

”いかにも東南アジアを一人旅していそうな日本人青年”

ぽい人が同じ屋台で同じ注文をしました。

 

パッタイができあがり

支払いをして

 

普段はほぼしゃべらない私ですが

 

「おつり5バーツ足りないんだけど。」

 

とお店のおっちゃんにクレームを言った勢いで

隣に座った青年に声をかけました。

 

「Where are you from?」

 

「From Japan.」

 

「やっぱりね!そんな気がしたんですよ!」

 

というところから話が盛り上がり

 

タイのガイドブックなる便利書物を持っていたので

近場の観光地へと着いて行かせてもらいました。

 

Wat Pho(ワット・ポー)はカオサンロードから徒歩圏内にあり

有名な涅槃像があるところです。

 

そういえば聞いたことある!!!

 

という感じでしか知らなかったのですが

行ってビックリ。

 

 

本当にキンピカです。

 

キラッキラです。

 

 

涅槃の枕は2段でした。

 

 

足首は改装中。

 

 

足の裏は貝細工(?)で黒光りしています。

指紋もあります。

 

 

境内では色々なところで猫を見かけます。

誰も気にしない。

(タイの猫ちゃんの様子はこちらにも載せています。)

 

 

これは・・・・・ちがうかな・・・・・。

 

という感じの像もいたるところにあって

仏教の奥深さを感じます。

 

 

錦鯉もいました。

 

で、次に訪れたのが

Wat Phoのとなりにあるタイ王宮。

 

白い象さんが目印です。

 

敷地に入る途中で荷物検査があるので

==スポンサーリンク==

=================

間違ってもヤバイモノは持って行かないように気をつけてください。

 

パスポートの提示も必要です。

 

 

タイ国王が亡くなったこともあって

王宮周辺は上下黒い喪服姿のタイ人が多かったですが

王宮の中は完全に観光地。

 

とにかく中国人ツアー客だらけでした。

 

そこで初めて、ツアーガイドさんの持つ旗は

旗じゃなくてもいいことを知りました。

 

ポムポ○プリンとか、テディベア人形とか

色々なものを棒の先にぶら下げて群団を先導しています。

 

 

こちらもキンピカのものが!!!

 

 

メインの王宮は

ほんとに王宮の雰囲気でした。

こんなところに本当に住むのだろうか・・・

 

 

タイの観光雑誌とかでよく見るやつ。

(残念ながら逆光・・・)

代々、タイの王家を守ってきたのが猿軍だそうです。

 

なので、タイの舞踏やこういった像も

猿を模したものが多いらしいです。

 

ということを知ることができたのも、

王宮への入場券の横にちゃっかりついて来ている

この券を発動したから。

 

メインの王宮は観光客みんなが行くので

混みに混みまくっていましたが

 

500バーツ(約¥1700)払って

何も説明なく渡される王宮へのチケットには

実は色々な特典がついているんです!!!

 

なんか、どっか別の県にある建物に入れたりとか

(これはよくわからんのですが。)

 

とりあえず、その場で行ける範囲で私たちが入ったのは

“Queen Sirikit Museum Of Textiles”

というところ。

 

王宮への出入り口近くにあります。

 

分からない時はそのへんにいるタイ人に聞きましょう。

警備員さんでもちゃんと教えてくれます。

 

ここは全然観光客がいなくて、のんびり過ごせた上、

 

タイの伝統的舞踏の衣装とか

王妃の衣装とか

タイの歴史とか

 

色々おもしろいものが見れました!!

 

オススメです!!!

 

王宮に行って王宮のみで済ませるのはもったいない!!

 

あと、一緒にもらえるピンクの券では

タイの貨幣展示館に入れます。

(これも説明ない上、場所が分かりづらいので、近くにいるスタッフの人に聞かないと分からなかった。)

 

そんなこんなで王宮敷地内のいろんな施設を堪能して、王宮を後にしました。

 

帰り際、

カオサンロード近くにあるコイン博物館にも訪れ

手の混んだアトラクション(しかもタダ)驚いたのですが、

 

タイ語ばっかで何言ってるかわからない!!!(笑)

 

案内してくれるお兄さんの英語も同じくらいわからない!!!

 

というわけで、コインとか好きな人は

王宮内の貨幣博物館に行くことをオススメします。

 

 

カンボジアから日本へ帰国するという彼。

 

カンボジア渡航情報とか

色々と教えてくれて、大変お世話になりました。

 

タイカレーとChangビールで乾杯して

偶然の出逢いに感謝。

 

↓↓ポチッと押してもらえると励みになります!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

==スポンサーリンク==

=================


2 thoughts on “宿の前でたまたま逢った日本人の青年とワットポー&王宮に行きました。”

  1. >Scene_Sniperさん
    お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
    王様の避暑地に入れるんですね!
    確かに、避暑地といってもアユタヤ周辺では暑いことに代わりはなさそうです。
    情報ありがとうございます!

  2. 王宮の入場券で同時に入られるもうひとつの場所は、アユタヤの二つ南の駅の近くにある、王様の避暑地、バンパイン宮殿です。私は行きました。避暑地というけど、死ぬほど暑かったけどね。キャップもびしょ濡れで、売店で新しいのを買ったほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。