==スポンサーリンク==

=================

 

ブルガリアのBurgas(ブルガス)から、世界遺産の街Nesebar(ネセバル)へ。そして、そのまま北上してブルガリア第3の都市Varna(ヴァルナ)をローカルバスで目指します。ブルガリアはあまり英語は通じないのでちょっと不便ではありますが、どうにかなったので、そのときの様子をご紹介します!!

 

目次
1.ブルガスからネセバルへ。
2.ネセバル観光
3.おすすめレストラン
4.ネセバルからヴァルナへ。

 

 

1.ブルガスからネセバルへ。

 

この日は1日のうちに世界遺産の街ネセバルを観光して、次の街ヴァルナへ向かう日。荷物をまとめてブルガスのバス停へ向かいます。バス停は電車の駅(↑)のすぐ隣。電車の駅は新しそうな建物なんですが、造りは古風でいい感じ。

 

↓↓ネセバル行きのバスセンターはこちら。

 

ネセバル以外も、ヴァルナ行きなどなどここから出ています。バスセンターはわりと近代的。建物を突っ切って、乗り場へ。

 

 

3番乗り場からバスが出ています。午前中は1時間に1〜2本。昼からは1〜2時間に1本になるようです。文字が読めなくて時刻表がどれか分からなかったので、私は前日に時間を聞きに行って、11時30分のバスに乗りました。ブルガスからネセバルまでのお値段は6レフ(約¥400)でした。(バスセンターの窓口の人も英語が通じず、時間を書いてもらった。)

 

 

バスで約1時間ほどでネセバルの旧市街に到着。橋を渡ってすぐのところに停まってくれます。残念ながら今日の天気もイマイチ・・・

 

↓↓ネセバルで世界遺産に登録されているのは、海にピョコッと出ている旧市街部分。

 

 

 

 

ここからヴァルナ行きも乗れるらしい。3時30分発 33番バス。なんか3がくどい。(笑)

 

 

2.ネセバル観光

 

ネセバル旧市街の全貌はこんな感じ。紀元前1000年から3000年の歴史を持つ都市で、狭い半島の中にたくさんの遺跡が残っています。

 

 

ネセバルの新市街につながっているのはこの橋だけ。むか〜〜しは完全な島だったらしいです。

 

==スポンサーリンク==

=================

 

まず要塞造りの街への入口が見えてきます。

 

 

この壁の中に入って行きます。

 

 

ハリストス聖堂。

  

 

トルコ風呂跡。

 

 

初期ビザンティン期(東ローマ帝国支配時代)の遺跡。

 

 

ゴミ箱はどれも環境色。

 

 

要塞跡。

 

 

こちらも教会跡。

 

 

かわいい黒猫さんに遭遇。最初は逃げるかどうするか悩んでいた様子でしたが、結局寄って来てくれました。カメラが気になるらしく、途中から構ってモードに。

 

 

バイバイしても着いて来ちゃいます。小雨降ってるのに・・・スリスリ。こういうのに弱いんですよ、私。でもそのうち、雨宿りしている別ニャンを見つけて、ここでちゃんとバイバイしました。

 

==スポンサーリンク==

=================

 

雰囲気のある壁と木。

 

 

大体の家は下は石造りで、上が木造り。

 

 

窓まで可愛い。

 

 

屋根にぶどうがなっている家も。 

 

 

街の中心にどーーーんと建っている聖ソフィア教会。教会には大理石がたくさん使われていたようです。屋根はもうないけど、立派さが伝わります。

 

 

今やハトさんたちの家状態。

 

 

環境色な公園も整備されていて、しっかり観光地化されてる雰囲気。

 

 

おみやげ屋さんもいちいちかわいい!!

 

 

海沿いもテクテク。ちょっとばかし荒れております。私の訪れた10月は観光のローシーズン。あまり人がいなくてのんびり散歩ができました。2時間ほどでおおよそ全てのエリアの街歩きをして、再びバス停のある橋の近くまで戻ってきました。

 

 

3.ネセバルでおすすめレストラン

 

ネセバルに来たからには!!というより、黒海に来たからには!!魚を食べねば!!!私は魚好きですが、たいがいどこも魚料理は高いので、滅多と食べられません・・・たまにどうしても食べたいときは、安い缶詰を買って魚食べたい欲を満たしていました。でも!今日は!レストランで料理されたおいしい魚を食べるんだ!!

 

 

ということでバス停のすぐ近くのこちらのお店へ。なぜここか、というと、お店のおっちゃんがすごくいい人で、私の重い方のバックパックを散歩中、店内で預かってくれたんです!!ダメ元で聞いてみたけど、快くOKしてくれました(^^)ありがたや〜。

 

 

バス停から見える位置にある、この白と赤の看板が目印。店内はあったかくて良い雰囲気。

 

 

頼んだのはハゼのフライ。(一番安かったから。)ひとつひとつが大きい!!チップスとザワークラウト(の浅漬けバージョンみたいなやつ)。満腹になってチップを渡しても¥750くらい。ブルガリアステキ。いつもの食費からすると大出費の超贅沢ですが、満足満足(^^)

 

 

食事中、足元でじーーーっと見ていたにゃんこもかわいかった。何かあげたかったけどガマン・・・あげるとクセになっちゃいますからね・・・

 

 

そんなわけでネセバル観光をトータル3時間くらいで終えて、次はヴァルナへ向かいました。世界遺産のネセバル。どこもかしこもインスタ映えするような素敵スポットだらけ。静かで落ち着いた雰囲気も魅力です。是非、東欧へ訪れた際は行ってみて下さいね!

 

==スポンサーリンク==

=================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。